FC2ブログ
2018/04/18

腰椎ヘルニアと首コリ

当院のHPとブログを見て来たと市内のS様、男性(53才)が

腰椎ヘルニアと首コリで来院されました。

S様はブログをいろいろ見て来たようで

ブログを見ていたらヘルニアと首コリが治ったような

気がしたと・・また当院に予約を入れたら不思議と

ヘルニアの痛みが消えたとも言っていました。

何故か?当院に予約を入れると症状が

軽減または解消されると言う方が増えています。

S様の腰椎ヘルニアの痛みシビレは

左臀部~大腿部まであり、首コリは首全体・・に

新規の方には必ず体の歪みや筋肉の拘縮は

自分で改善できることを体験しご理解頂いています

S様には、膝~骨盤~腰椎~胸椎~頸椎~

顔面~頭蓋までの歪み、痛みを覚えて頂き

アドバイスの通りやって貰い再確認すると

骨盤、腰椎、胸椎、頸椎、顔面骨、側頭骨の

歪み、痛みが解消されますので

S様、「痛くない?」とビックリ!

ここから何故「ヘルニアになったのか?」

「首コリ」になったのか?説明をしてから施術開始。

全身を調整しながら当院は何故「全身調整のみ」か説明、

体の1部が歪むと全身へ歪みの連鎖、そして普段の生活の

中で一番負担の掛かっている部位に痛み等が出て歪みの

バランスを取っていること、また肩こりや腰痛などは

内臓機能の低下で内臓反射痛として出る場合もあると

そして、歪み、痛みのある部位は結果であり、本当の

原因は別にあることも施術体験でご理解頂きました。

S様はその話を聞いて

実は肝臓機能が悪いと医師から言われたそうで

内臓機能を活性するとお腹が楽になったと笑顔でした。

手から、足から、内臓、腰椎、胸椎、顔面、頭蓋と調整後

ヘルニアでの左臀部の痛み、首コリは解消されていました

S様には、痛み等が無くなっても

まだ完全に改善した訳ではないことを説明し

予防固定=改善法をアドバイスして終了。

S様「また来てもいいですか?」に「いつでもどうぞ」とお送りしました。

スポンサーサイト



2017/08/11

椎間板ヘルニア

奥様の紹介でF町のK様、男性(44才)椎間板ヘルニアで来院。

まずは何故?ヘルニアになったのかを骨格模型と

ご自身の体で体感して頂き、ヘルニアの直接の原因は、

腰のインナーマッスル・・大腰筋の緊張で腰椎が

引っ張られることから起こると簡単に説明。

その大腰筋の緊張は、前仙腸靭帯の異常によって

引き起こされ、そして、その先の原因には、内転筋群の緊張があり、

その先には足裏の腱への負荷異常有るためにと・・・。

悪い体の使い方や悪い歩き方で、

足指の機能低下、足裏の腱、特に第1、第2趾の腱への負荷から

内転筋群の緊張―足裏の重心の外側~後ろ側への移動―

外側側副靭帯などの異常―外側広筋・腸脛靭帯~臀筋群などの

緊張―仙腸関節の歪み(仙腸靭帯の異常)―腸腰筋の緊張―

腰椎が引っ張られるー腰椎・椎間板への負担が掛かりヘルニアに・・・

当院では、前仙腸靭帯を直接施術をします、その結果

大腰筋の緊張は解消され痛みも解消されます。

もちろん、その先の原因にも手を入れて全身を調整し改善します。

原因が足からの場合が多数ですが、たまには、手の使いすぎが

原因で腰痛等などになる方もみえられます。

K様は、2回の施術で症状が解消しましたが、

一旦緩んだ靭帯の場合、再発しやすいですから

再発防止のため固定法と予防=改善法のアドバイスをして終了。







2017/05/10

椎間板ヘルニア

連休を利用して東京の甥っ子のH君(歯科医)が

ヘルニアを治して欲しいと来院。

実は、6年前にH君のお母さん(義妹)もヘルニアで

医師から手術を勧められていたけど手術がイヤで

私の所に来て3回で改善しました。

その話を聞いていたH君も手術がイヤで来たのです。

因みに整形外科医はH君の弟のF君なのです。

F君の病院で撮った写真をスマホで見せてくれました。

椎間板が3分の2位出ていましたが、

私としては椎間板が出ていても出ていなくても

痛みで悩んでいる方々を診てきましたので

それよりも神経鞘の歪みや神経鞘の傷を調整すると

大抵の方々は痛みから解放されます。

まずH君に何故?ヘルニアになったのか、予防=改善法を

アドバイス、最終的に治すのは本人だということを説明し

納得してもらってから施術開始。

全身調整後に痛みの確認をしてもらうと

9割位楽になったと笑顔、お盆休みにまた来ると帰りました。


2017/03/01

狭窄症・ヘルニアでの腰と足の痛み・シビレ

秋田市のS様、男性(73才)、昨年の5月頃から腰の痛み特に右、

両足のシビレと足の裏と脹脛の痛みで病院に行くと狭窄症と

ヘルニアと診断されまだ手術はしなくていいけど、痛み、シビレが

強くなると手術と言われたが手術した人達の話を聞くと結果が

思わしくない人が多かったのでそれではと、秋田市内、県南の整骨院、

整体、カイロ等いろいろ回ったが効果なし、有る所では1回で80%以上

改善すると謳っていたが1%も効果が無かったと・・・

最後に盛岡の整体にいったらボキッとやられ更に痛み、シビレが強く

なり辛さに勝てずネットで検索したら当院のHPにヒットし来ましたと・・・

問診票には、13年前に右肺ガンの手術歴が有ると書いていました。

最初に、

筋肉の緊張、骨格の歪みは自分で改善出来ることを

体験して頂くと、S様、こんな簡単なことで?とビックリしていました。

S様は、足~骨盤~上顎骨まで歪んでいましたので尚更です。

それから骨格模型を使って何故?狭窄症とヘルニアになったのか

説明をし、痛み・歪みの有る所は結果で本当の原因を話したら

こんな説明は、病院でも

他の整体、カイロ、接骨院でも無かったと更にビックリでした。

施術としては、

今まで生きて来た分の全身の結合組織の異常や歪みを調整、

内臓機能活性、頚椎~顔面~頭蓋の調整、リンパ・血流の調整、

肺の手術痕の調整後、まずは、狭窄症・ヘルニアの調整をしていたら

S様、「これは気持ちが良いですね」と、明るい声でした。

最後に、狭窄症、ヘルニアの本当の原因を調整して終了。

痛み・シビレの再確認をして頂くと、何度も足踏みや腰を動かして

「 痛みもシビレもまったく無いです。」と、笑顔でした。

また、明るい表情で「 体が楽になりポカポカしています。」と・・・

S様には、まだ完全には治ってはいませんので

必ず予防固定をするようにアドバイスしました。

帰り際に、S様が

「整体はどこも同じようだと思っていたのですがこんなに違うとは・・・」と

「今までの治療・施術はなんであったのかな?」

「無駄なお金を使ったなぁー」と、苦笑い。

「また来ますのでよろしくお願いします。」と帰られました。




2017/02/16

椎間板ヘルニア

市内のM様、女性(60代)、椎間板ヘルニアで来院。

右腰から臀部~大腿外側の痛みで整形外科に行き

椎間板ヘルニアと診断され薬と湿布を処方され

薬を飲んでも湿布をしても効果なし、

ネットで調べ当院に

最初に、

痛みを我慢して頂き何故ヘルニアになったのか?

施術後の予防=改善法を理解して頂いてから

腰のヘルニアの有る部位から調整、

ヘルニアの有る部位を引っ張っている

腹部は超緊張状態でしたので少し時間が掛かりましたが、

痛みがあと2~3割程度になったところで

腹部を緊張させている本当の原因部を調整。

そして、全身の異常部、歪みを調整中に

M様、体がポカポカして来ましたと・・・

全身の結合組織の異常で筋肉が緊張し

リンパ、血流が悪かったのが解消されポカポカになったのです。

あとは、脊髄機能低下、脊髄神経の異常、脳脊髄膜の異常の

調整や更に、足根骨~足首~下腿部~膝関節~股関節~

骨盤の結合組織の調整、内臓機能低下の調整、

痛みのストレスを解消し、免疫バランスの調整、体内二軸調整で終了。

再度、痛みの確認をすると、「楽になりました」と、M様。

痛みは解消しましたが、まだ完全には治った訳ではないので

アドバイスした予防=改善法でしっかり固定するようにと約束。

もし違和感や少しでも痛みが出たら来院するようにと・・・




2016/11/01

左右臀部の痛みと両足裏~指先までのシビレ

立っても歩いても左右の臀部痛と両足裏~指先までのシビレで

来院された、市内のI様、男性(66才)、話を聞いていくと

20数年前にギックリ腰を経験したが自然と治ったのでそのままに

していたら数ヶ月後、腰が痛くなり我慢をしていたらまた自然と

治ったので放って置いたが1年後に腰から臀部までの痛みが出たが

またまた自然と治り、今度は半年後に腰から臀部までの痛み

が出たが我慢できる程度でそのまま数年続いたが痛みの

範囲が広くなって来て足裏~指先までシビレが出て来たけど

我慢をして仕事をしていたと・・・

私、「病院へは1度も行ってないのですか?」

I様、「1回も行ってないし、行っても治るかどうか」と、

症状としては重症です、痛み・シビレはそうとうなもの

と思います、よく我慢をしていたもんです。

この方は、痛み・シビレに強いのか?、豪傑なのか?、

単なる病院嫌いなのか?はたまた怖いのか?、

とにかくこういう方は22年営業していて初めてです。

立っても歩いても痛いのですから動体分析は出来ず。

20数年前のギックリ腰からですので、ヘルニア、狭窄症、

分離症の合併症が考えられますので腰椎1~5番と腰仙部と

骨仙骨1までのチェック、触診して行くと腰部ではヘルニアと

狭窄症の合併有り腰仙部~仙骨1までは歪み有り、

更に悪いことには腰部から仙骨までの神経鞘の傷が有りました。

20数年前からの腰椎~仙骨までの歪みが神経まで痛めたようです。

I様には、最初 腰椎(ヘルニア、狭窄症)~仙骨までの歪みを

調整してから神経鞘を調整して行きますので1~2回で

改善するのは無理ですよ、と説明。

I様、「治るまで来るからよろしくお願いします」と

施術としては、

今まで生きて来た分の全身の異常・歪みの調整。

ヘルニア・狭窄症の直接の原因であるインナーマッスルの拘縮の調整。

インナーマッスルを拘縮させている本当の原因部の調整後、

腰椎1~5の歪み(ヘルニア・狭窄症)の調整。

腰仙部~仙骨1までの調整後に、足裏~指先のシビレを出している

内側足底神経、外側足底神経、伏在神経の調整と

左右臀部痛の腰神経後枝、仙骨神経後枝、腸骨下腹神経等の調整。

全身調整後、痛み・シビレの再確認

I様は、5~6割位楽になったと不思議な顔をしてました。

次回の予約をされましたので次回来院するまで

戻らないように固定するようにアドバイスして終了。


2016/09/04

腰椎ヘルニア

他の施術を受けても直ぐに戻るということで来院された

市内のK様、女性、数年前に病院で腰椎ヘルニアと診断されたが、

病院も薬もイヤで、能代にある整骨院、整体、カイロ等、

すべて回ったけど、直ぐに戻ったと・・・

動作分析では、

前屈で痛み無し、後屈と右側屈で痛み有り

私は、ヘルニアの他にリンパ、血流が悪いと診ました。

そこで、何故?ヘルニアになったのかを説明をし、

また、何故?戻るのかを、理解してもらう為に・・・

K様自身の体で体験してもらい理解して頂きました。

ヘルニアに限らず、

すべり症、分離症の原因は腰のインナーマッスル・・・

大腰筋の緊張で腰椎が前方に引っ張られることから起こります。

その大腰筋の緊張は、

前仙腸関節靭帯の異常により引き起こされます。

そして、その先の原因には、内転筋群の緊張があり、

更に、その先の原因には足裏の腱の異常が共通しています。

また、T様は、事務職で一日中座ってパソコンを使用している

とのことですので腰には負担が掛かり、手の使いすぎで

手掌腱・靭帯―手根骨の靭帯―前腕の靭帯が緩みー

腕神経叢の緊張―骨格筋の緊張・拡大しー 腰に・・・

一日中座っていますので骨盤が開く原因にもなります。

そして、先述した前仙腸関節靭帯が緩み、インナーマッスルと・・

骨盤が開きますので内臓下垂になり、腸リンパ本幹等が

圧迫されますのでリンパ、血流も悪くなります。

とにかく、当院ではどのような症状の方が来ても

全身の靭帯、腱~筋膜、骨膜、骨髄、粘膜、リンパ、血流、

髄液流、内臓機能低下、免疫機能低下、その他等々の

結合組織の異常・歪みを検出し同時に施術し、施術後に

再度確認をし、痛み等が有れば軽減または改善し終了します。

一旦、緩んだ靭帯等の場合、戻りやすいですから

戻るのを防止する為に固定法と予防のアドバイスをしています。

施術後にK様に後屈と側屈をして頂くと「痛くない!」と笑顔でした。

そして、他では、あと何回通院しなさいとかは言うけど

ここみたいに説明を受けたのは初めてですと・・・。

痛みの有るところは結果ですから、

その先の原因を説明しないと

クライアント様は、予防・改善しようがないのです。

悪くなる方向性が分かると

その逆を調整、又は、予防すれば良いのですから・・・


******************************************


2016/05/15

椎間板ヘルニアと両足の筋肉痛

定期的に通院される市内のN様の

娘さんYちゃん9才、お母様に連れられて来院。

整形外科に行きヘルニアと診断され

薬を処方されたが改善せず当院へ。

小学生で椎間板ヘルニア!?と思いお母様の話を聞くと、

水泳教室に通っていて練習でこうなったようですと・・・

ヘルニアといい両足の筋肉痛は完全にオーバーユースです。

「これからの将来を考えて水泳を辞めたらどうですか?」に

Yちゃんは、即答で「イヤです」と、

お母様は本人が「イヤだと言うから」と・・悩んでました。

「私の孫だったら即辞めさせるのになあー」には、

Yちゃん無言でしたが

お母様は「そうですよねー」とYちゃんを見つめていました。

ここまで練習する必要が有るのか私には疑問ですが、

本人が水泳を好きだと言ってますのでなんとも・・・

施術の方は、ヘルニアは短時間で改善されましたが、

両足の筋肉痛は大腿骨の骨膜まで異常が有りましたので

筋膜と骨膜を調整するのにはかなり時間が掛かりました。

調整後に痛みの確認をすると、Yちゃん大丈夫と笑顔

でも、しばらくは体を休めるようにと終了。
2016/02/05

坐骨神経痛

奥様の勧めで来院された市内のY様、男性(69才)。

3年位前から痛みが出て病院へ行き坐骨神経痛と診断され入院加療したが

治らず、その頃から奥様に当院へ行ったらどうかと言われていたようですが

民間療法は信用できなかったのかあちこちの病院、治療院等に

通院しても改善されなかったので最後に思い切って当院へ来たようです。

坐骨神経痛の方は今までの経験上、大抵ヘルニアが原因の方が多いのです。

動作分析では、完全に椎間板ヘルニアとわかりましたので

何故?ヘルニアになったのか、また、予防・改善法を

Y様ご自身の身体で体験してもらいご理解して頂きました。

まず最初に神経を圧迫している腰椎と椎間板の調整、

それから腰椎と椎間板を歪まさせている原因部の調整し

痛みの確認をすると、痛くない!?と、不思議そうに・・・

ここから今まで生きて来た分の全身の歪みを調整していき

更に、ヘルニアの原因部を再度時間をかけて調整を・・・

長年、悪い体の使い方をして来ましたので簡単にはその癖を

治すのは無理ですので治せるようになるまで簡単で効果の大きい

靭帯テーピングを片足だけに施して歩いて頂きテーピングをしていない

方の足を確認すると戻っていることをY様に体験して頂きテーピングの

重要性をご理解頂き癖が治るまでテーピングをするように約束。

施術終了後、Y様は、「イヤー!もっと早く来れば良かった!」

「病院にかかったお金が勿体無い」と苦笑いをしていました。

そしてまたお願いしますと帰られました。

最初は戻りやすいかもしれないが・・

アドバイスを実行していただければ大丈夫でしょう!


【ウィキペデイア】より

坐骨神経痛とは、
人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに
起因する神経痛。あくまで症状であり、病名ではない。

【原因】
原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、
腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている。
最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、
約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされている。

【症状】
坐骨神経の走行に沿い、一側の大腿後面から足まで放散する痛みが特徴的である。
low back painより強い一側の下肢痛、足かつま先に放散する痛み、痛みと同領域の
異常感覚、ラセーグ徴候で陽性、1つの神経に由来する神経症状によって
坐骨神経痛と診断される、その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもある。

【種類】

「根性坐骨神経痛」・「腰椎性坐骨神経痛」
坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。
椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い。

「梨状筋性坐骨神経痛」
梨状筋による神経圧迫によって起こるもの。

「症候性坐骨神経痛」
神経の圧迫が原因ではないため、まだ原因が詳しく解明されておらず、治療が困難。
2015/12/22

腰椎ヘルニア

ここのところヘルニアの方が続きます。

ヘルニアはその方の状態で改善するまでは個人差が有ります。

ブロック注射や痛み止めの注射をやった方、痛み止めの薬を

飲んでいる方などは改善するまでは時間がかかります。

今まで当院ではヘルニアの方は大体1~8回位で改善されてます。

H町のT様、男性、病院に行ったら左腰椎ヘルニアと診断され

薬を処方され服用しても左足までのシビレが治らず我慢が

出来なくなりネットで検索し当院のHPを見て来院。

シビレが今も有ると言いますので早速ベッドに寝てもらい

腰椎のヘルニアの有る部位に手を当ててシビレが消えたら

教えて下さいねとお願いをし数分間調整・・・T様が9割方

消えましたと!?の顔をしていました。

ここからT様の生きて来た分の全身の歪みの調整を

開始、施術をしながらヘルニアになった原因を説明をし

症状が戻らない為の予防方法や自分で改善できる

方法をアドバイスをし施術を終了。

T様、あといつ来るといいですか?と、

当院では、通院の提案をしますが強制はしていません。、

最初は戻りやすいかもしれないですが・・

アドバイスを実行していただければ大丈夫でしょう!


2015/12/18

腰椎ヘルニアの手術後のシビレ

M町のT様、女性、ヘルニアの手術を今年の3月に受けたけれど

左大腿から足までのシビレが取れないと紹介で来院されました。

最初にT様には、何故?ヘルニアになったのかを骨格模型を使用

して説明し、その逆をすると予防、改善出来ることを体験して頂き

ましたがエッ?という不思議な顔をしていました。

ヘルニアの手術をした方は殆ど神経鞘に傷を付けられています

ので手術痕の筋膜、骨膜、靭帯を調整をしてから神経鞘の異常を

時間をかけて調整していくと楽になりましたとT様。

あとは、T様の生きて来た年月の全身の歪みを調整し、

体内二軸調整で施術終了。最後に、正しい体の使い方、

靴の正しい履き方をアドバイスをして終了。

T様、またお願いしますと言って帰られました。

ヘルニアでお悩みの方は当院にお任せください!
2015/04/02

椎間板ヘルニアと神経鞘の傷

A市のM様、女性(74才)、昨年の8月から右腰から足先まで



痛みが出て整形外科に行き検査の結果、椎間板ヘルニア、



坐骨神経痛と診断され椎間板が普通の人より出ていると言われ



当院に来るまでブロック注射を21回したが痛みが日毎に強くなり



夜も眠れない状態が続き長野にお住まいの娘さんに相談した



ところ娘さんがネットで調べて当院へ行くように勧められて来院。



M様は手術が嫌で藁をもつかむ思いで来ましたと・・・



右足を引きずるように入室して来ました。



立っていても歩行時も・・右腰~足先まで痛いと。



最初に何故?ヘルニアになったのかを簡単に説明し施術開始。



まずは、日毎に痛みが強くなった直接の原因の



ブロック注射を21回していますので神経鞘の傷の調整から



M様に限らず、時々、注射の後や、鍼治療の後に、



痛みが残ったりする方が見えますがこの場合は、



注射針などで、神経鞘に傷が付けられている場合が多いのです。



『神経鞘とは、電線を覆っている被覆膜のようなものです。



電気のコードに傷をつけると電線がむき出しになって感電するのに似ています 』



全身的に、靭帯・腱・筋膜・骨膜の異常を中心に確認後



全身一括療法で解消後にリンパ、血流の調整。



長期間痛みに対するストレスも有りますので解消。



とにかく、伏臥~側臥~仰臥と体を動かす都度,痛い、痛いの連続でしたが



終了する頃になるとあまり言わなくなり表情が和らいできました。



最後に仰向けになると足先までの痛みは無くなりほんの少しだけ



右臀部に痛みが有るくらいで、9割位楽になったと笑顔でした。



長い間、痛みで苦しんで来た人程終わっても痛みを探すのです。



M様にそのことを話したら「私もそうです」と笑ってました。



M様は治るまで通院すると本気でした。



週1回、A市から電車で能代駅まで能代駅からはタクシーで通院。



7回目に来院された時はこの1週間痛みも



無くグッスリ眠られたと嬉しい報告でした。



これからは様子をみながら2週間、3週間、1ヶ月に1回と



パターンに変えて、1ヶ月全く痛みが出なくなったらあとは



2~3ヶ月に1回メンテナンスに通院するように提案。



治るまで本気のM様は2週間後に予約して帰られました。




2014/09/26

ヘルニアと肩こり

基本的に遠隔施術はやっていませんが、今年の2月に秋田市の女性





N様が北海道にいる親友M様を心配されてのお願いで久々にやりましが





その北海道のA市からM様と秋田市のN様がお二人で来院されました。





M様は4年前に病院の検査で腰椎ヘルニアと言われ手術する





まででは無いと言われ薬を飲んでも注射をしても効果がなく





近くの整体院に行ったらかえって悪くなり痛みが増し動けなくなり





我慢ができずN様に相談し当院へ遠隔のお願いとなったのです。





M様、入室早々笑顔でおかげさまで痛みは無いと体を前後左右に





動かして見せてくれました、私にとっては嬉しい報告でした。





ただ腰に少しの違和感と肩こりがあるとわざわざ遠方から





お越しいただきました。





まずは最初に筋肉の緊張と骨格の歪みは自分で改善できる事を





体験して頂くとこんな簡単なことで改善するとはなんだか魔法に





かかったみたいだと不思議な顔をしていました。





それから何故?ヘルニアになったのかを説明をし





予防の仕方をアドバイスをしてから施術開始。





M様は施術中痛みがその場で解消されていくのを





なんで~不思議だな~と何度も言われてました。





全身調整後こんなに体が軽く楽になるなんてと喜んで頂きました。





体調が良くなったら当院に直接来院し完全に治して貰うと言う





約束を守ってくださったM様ありがとうございました!
2014/07/11

腰椎ヘルニア

M町のK様、60才、男性、腰椎ヘルニア、右足のシビレで来院。




病院で腰椎ヘルニアと診断され、湿布と痛み止めを




処方されたがシビレは改善されずネットで調べ当院へ。




黙っていてもシビレが有るので辛いとのことでした。




動作分析では後屈と右側屈で痛みが強くなると・・・




痛み、シビレが有ると施術としてはやりやすいですので




早速、ヘルニアの調整を開始、腰椎の4~5間と腰仙関節部を




ソフトにゆっくりと調整を続けていると、K様、シビレがだんだん




軽減して来ましたと言われ不思議そうな顔をしていました。




シビレが無くなるまでじっくりと調整、無くなった時点で




立って頂き再度シビレの確認、無いです!と、K様。




ここで骨格や骨格筋の歪みは自分で改善出来ることを




体験して頂くとエーとまた不思議そうに・・・




ここから施術開始、全身調整へ




全身の結合組織(靭帯、腱、骨膜、筋膜、隔膜など)の歪み、




異常部の調整、内臓機能を活性、リンパ、血流の調整、




手根骨、前腕、足根骨、下腿部などの調整、




免疫バランスの調整、頭蓋の調整、顔面部の調整、




髄膜の調整、ストレス解消、体内二軸調整で終了。




K様、人生60年で整体は初めてだけどシビレが消え、




体がこんなに楽になるとはと喜んで頂きました。




予防のアドバイスは必ず実行して頂きたいものです。


2014/05/21

腰椎ヘルニア(右臀部から大腿までの痛み)

頚椎と腰椎ヘルニアが改善された方からの紹介で




来院された青森県H市のY様、男性(55才)、




腰椎ヘルニア(右臀部から大腿までの痛み)




出張で能代に来てから痛みが酷くなり休みを取って当院へ。




動作分析も出来ない状態でしたので早速、痛みの解消




楽になったところで何故?ヘルニアになったのか説明をしながら




全身調整へ、原因部位を丁寧に調整をしてから腰や足を動かして




頂くと あれ?痛くない!、何をしたんですか?と




再度、ヘルニアの原因の説明をし納得してもらいました。




仕事で疲れも溜まっていましたし、内臓機能も低下していましたので




ついでに内臓機能低下の説明をしながら内臓機能の活性法を




原因は腰椎ヘルニアと共通点が有りますので分かりやすかったとY様。




施術終了間際に、実は首もヘルニアが有るんですと、




そこで首のヘルニア部分と原因部を再度調整し終了。




こんなに早く痛みが消えるとは思ってもいなかったと・・・




Y様には、予防法をアドバイスをし必ず実行するようにと約束。




素直に「はい、実行します」と言って帰られました。


2014/02/15

ヘルニアによる両下肢の疼痛と痔疾

当院のHPを見て遠方からS様、女性(35才)



ヘルニアによる両下肢の疼痛と痔疾で5月26日に初来院。



自覚症状は歩くと両足先が痛い、病院ではヘルニアと診断されたようです。



痔疾も有ると・・・女性の7割の方が痔疾が有ります。



自覚の有る方、無い方、施術中にある部位が



痛い方は大抵有りますので説明をして施術しています。



足先の痛みはヘルニアもそうですが、特に足の横アーチが無くなって



いましたので中足骨の歪みで骨膜異常が有り痛みが出ていたので調整。



6月2日に2回目の来院。



まだ少し足先の痛みが有りますと・・・



痔疾の方は違和感が無くなり楽になりましたと報告を頂きました。



足先痛の部位の骨膜を痛みが無くなるまで調整。



施術中に左右どちらか忘れましたが、



2センチの子宮筋腫もあるのでお願いします、と・・・



確認すると左に有りましたので手に筋腫の感覚が無くなるまで調整。



あとは様子をみて頂くことに・・・



何故?ヘルニア、痔疾、子宮筋腫になるのか、



そして共通の原因を説明をし予防のアドバイスをして終了。



女性特有の悩みの生理痛、生理不順、不妊、



流産癖、性交痛、等々もやはり原因は共通しています。


2014/02/14

右腰椎ヘルニアと胃下垂

2年前に腰痛、ストレスで来院された秋田市のK様、女性(40才)



今回は、右腰椎ヘルニアと胃下垂で来院。



病院で右腰椎のヘルニア、胃下垂と診断されたと・・



ヘルニアは手術しなくれも良いと言われたが



痛くて我慢出来なくなり私のところに来たそうです。



動作確認では前屈、後屈、右側屈で痛い、左側屈では痛みは無し、



典型的なヘルニア状態とリンパ、血流の悪い状態です。



早速、ヘルニアの調整をし、再度前屈、後屈、右側屈で確認



痛みは無し、K様は不思議そうに「楽になりました!」と、



私、冗談で「これで止めますか?」(笑)



K様、「胃下垂がまだです!」と真顔でした。



ここから何故?胃下垂になったのかを説明



胃下垂の方は胃だけではなく内臓全体の下垂が有ります、



そしてヘルニアとの関係も・・・



内臓下垂は骨盤が開いているのが原因ですが



何故、骨盤が開くのか?その原因は?



骨盤の上にある脊椎はどうなるか?



全身を調整しながら説明をしK様に納得して頂きました。



悪い体の使い方を改善するようにアドバイスをして終了。



*********************************************



毎日の生活の中で体に染み付いた悪い癖を改善し



良い癖を定着させることが根本改善の早道です。



家に帰ってまた同じような悪い姿勢や、



悪い体の使い方をしていたのでは



どんなに素晴らしい施術、治療を受けても元に戻ってしまいます。



皆さんもご注意を!
2014/02/12

腰椎ヘルニア

ここのところヘルニアの方が続きます。



市内のT様、36才、男性、腰椎ヘルニア。



昨年12月末に病院に行き腰椎ヘルニアと診断される。



1月27日から右臀部~右足までの激痛で夜も眠れないと・・・



奥様が心配されネットで検索し当院のHPを見て予約、



お二人で30日に来院されました。



来院時、あまりに痛がりますので動作分析、説明も出来ない状態で



施術開始、まず最初にヘルニアの調整から始めリンパ、血流の調整後



痛みが改善されましたので施術をしながら説明。



簡単に痛みが取れていくので側で診ていた奥様は



ソフトにタッチしてるだけなのに不思議だなぁ~と。



全身調整の中で特に原因部分を丁寧に調整、靭帯テーピングをし



頭蓋、胸郭、骨盤、体内二軸調整で終了。



楽になったと帰られましたが、家に帰ってから悪くなる姿勢を



取ったようで痛みが再発し、31日、1人で2回目の来院。



前日同様に、ヘルニアの調整から始めリンパ、血流の流れを良くし



腹圧も高かったので調整、各リンパ節の流れも悪かったので



ジックリ時間を掛けて調整あとはいつも通りの調整で終了。



痛みも解消され楽になったと言いながら今度はアドバイスを



実行してここに来ることのないようにします、と帰られました。



ヘルニアに限らずどの症状でも悪くなる方向性が分かると



その逆を施術していくと改善するのものです。
2014/02/11

腰椎ヘルニア

市内のF様、49才、男性。



この方は、平成、23年、12月27日に腰椎ヘルニアで初来院。



病院で腰椎ヘルニアと診断され手術するまでではないと言われたが



臀部~大腿部までの痛み、歩くと股関節が痛いと来院されてました。



今まで一切痛みが出なかったが、先日、雪かき後椅子に座ろうとした



瞬間に腰から大腿部までの痛みが出たので2回目の来院。



動作分析では、前屈、左側屈では痛みは無く、



後屈、右側屈で右腰部と大腿部に痛みが出る。



リンパ、血流の流れが悪いか、もしくはヘルニアが再発か?と診て



伏臥になって貰い最初にヘルニアの調整後に



再度、立位で後屈、右側屈をして頂き痛みの確認、



9割位楽になったところでヘルニアの原因である部位から施術開始



全身を調整していくとやはりリンパ、血流の流れも悪かったので調整



免疫低下、内臓下垂も有りましたのでこれも調整、



骨盤、胸郭、頭蓋、体内二軸調整で施術終了。



笑顔でまたお願いしますと帰られました。



後屈時の腰痛は



お腹側に緊張があって、無理に伸ばすと、腰椎を引っ張って



痛みが発生する腰痛ですからポイントはお腹側にありますが



お腹側の緊張のさらなる原因を解消しなければなりません。
2014/02/02

腰椎ヘルニア

HPを見て、秋田から来院されたK様、26才、女性。


病院で検査をしたところ


腰椎ヘルニアと診断され手術するまでもないと言われたそうですが痛いと。


自覚症状を聞くと、前屈で痛みが出るので、仕事もできず


顔を洗う時には流しに肘を付いて洗っているとのこと。


後屈、側屈では痛みは無し、そこで肩の部分を掴みを前屈をして頂くと、


軽減しましたので原因は手からと診ました。


仕事は?と聞くと、セラピストですの答え、やはり・・・


セラピストの仕事は中腰の姿勢で手を使いますので


常に、腰に負担が掛かり、腰痛、ヘルニア、ギックリ腰等になりやすいのです。


また、手の使いすぎで手根、前腕の靭帯が緩み、関係する筋肉の


緊張から~腰まで、何故?ヘルニアになったのか説明をしながら施術開始


この方の場合、最初にヘルニアの調整で前屈でも痛みは出ず、全身調整、


ストレスクリーニング、体内二軸調整後に、


再度、前屈をして頂くとまったく痛みは無しと喜んで頂きました。


これで仕事復帰、顔を洗えると笑顔で帰られました。


アドバイスは理解してもらえたと思いますが・・・


**************************


余談ですが・・・


靭帯は一旦伸びてしまうと、


自ら収縮して回復する力が非常に弱いのです。


いずれの個所にも、


骨と骨を横に収縮させる筋肉の存在がない


個所で存在するのは、骨と骨を結び付けている、


強靭だが弾力性だけで、収縮性を持たない靭帯だけです。


骨と骨を結び付けているのは靭帯だけで、


横に収縮する筋肉の存在しない個所が、まだ、足と、手に・・・


足の横アーチを形成している中足骨骨間・・横中足骨靭帯と、


中手骨骨間・・中手骨靭帯 ・・・


***************************************************


腕~肩~首~背中・・の筋肉が、慢性的に緊張している人は


必ず、これらの靭帯に、緩みが生じています。


そして、靭帯の緩みを補完するために、関連する骨格筋を緊張


させねばならないという自律神経(交感神経)の作用による


必要性から・・交感神経の関連する神経節(ここでは、星状神経節や、






腕神経叢など)も緊張状態にあります。


しかし、スタートは何か?(原因か?結果か?)


その診方によって、


処置法も変わってきますし、その効果にも差が出てきます。


もっとも、“靭帯の緩み”などは現代医学の最先端検査機器である


MRIや、CTスキャンでも検出不可能ですから・・


“結果である”神経節緊張に対するブロック注射も・・


効果が薄くなって、繰り返さねばならなくなるのではないでしょう。


***************************************************


例えば・・肩周りの筋肉の緊張も上記の靭帯を補強するだけで解消・・


すなわち、自覚症状は解消しますが・・


慢性化しているような頭痛、首痛、肩コリなどの場合は


自覚症状部の結合組織(筋膜、骨膜・・・など)の異常は残っていますから


戻りやすい状態が続きます。


当院では、


「結合組織療法」や「液流療法」を応用・駆使しての施術にて!!


なお、精神的ストレスや、食生活習慣、あるいは環境*気候変動などによっても


自律神経のアンバランスを招き、神経節の緊張や、筋緊張などを誘発するでしょうが


同じレベルの精神的ストレスを抱えても何の変調もきたさない人もいますし


多少のストレスでも身体に大きな悪影響を受けてしまう人もいます。


また、同じ食生活習慣でも、ある人は胃、ある人は肝臓・・ある人は異常なしと・・


「動」=身体の使い方の生活習慣から作られる・・


上記の原因が基礎になって、


精神的ストレスや、食生活習慣が加重してくると診ています。



2014/01/24

ヘルニア?

先週、秋田から「知り合いに聞いたんですが・・娘を診て欲しい。」と、



お母さんとY様が来院。



Y様、19才、介護の仕事をしているとのこと。



半年前から腰痛が出始め、2ヶ月前より通院・・担当医からは



「ヘルニアで、手術しか治らない!」と言われて、



今は“痛み止め”を服用中とのこと



お母さんが、私の所に来られて治った方から話を聞いたそうで、



手術の前に一度・・と。



すごい内股O脚だったので・・原因は足からか?と思ったが、



ベッドに腰掛けての前屈でも痛みは変わらないので・・・



前腕部を留めると・・・痛みは出なくなった。



「ウッソ~!」・・見ていた母親も「エッ~ホントに?」と声を上げていた。



原因は介護の時の手の使い方に有るようだった。



腰痛は左側で、足先まで痛みは出ている・・とのことだったが



右側屈で、左側への痛みだから・・ヘルニアが原因の腰痛にあらずだ。



「これは手術しても良くならないと思いますよ!」と、言いつつ。



その理由を・・・彼女の身体を使って説明した。



『結合組織療法』を主とした全身調整後・・



前屈しても、右側屈しても、痛みは完全に無くなったことを確認後



注意すべきことをアドバイスして終了した。



2013/12/12

椎間板ヘルニア(2)

市内のKさん、女性(57歳)一度、右足の痛みで来院されていました。



その後もスッキリしなかったようです。



今回、我慢できないほど左の臀部と、左の足首が痛くなり・・・・



病院で、“椎間板ヘルニア”と,診断され・・ブロック注射を



しても痛みは無くならず「左程のヘルニアではないが・・牽引でダメなら



手術を・・病室が詰まっているから後日・・」との話だったようです。



手術も覚悟しているが、その前に、もう一度・・ということでの再来院でした。



動作を見る限りでは、椎間板ヘルニアからくる痛みではなさそうです。



前屈も、背屈も、左右の側屈も楽に出来ますし、左程痛みも増加しません。



疼くような痛みのようです。



また、仙腸関節などにはほとんど異常が確認されません。



ん?これは、内臓反射痛か?と、思い。



左下腹部に手を入れると、「痛い!」と、飛び上がります。



そこで、「このお尻の痛みは、お腹から来ているみたいですよ!・・



そのバランスをとるためにお尻の筋肉が緊張して・・・・」と、



話を始めるとようやく、「実は、6年ほど前に、子宮筋腫で、子宮と、



左の卵巣の摘出手術を受けました。」と、話を始められました。



「子宮筋腫で、卵巣までですか?」と、聞くと「お腹を開いたとき、



卵巣まで転移していたということで・・・悪性では無いと言っていまし



たが・・・手術後も、ずーっとツレルような感じが



続いて・・気になっていました。」とそれじゃ、ガンじゃないか!と、思いつつ



*******



前回の施術で、スッキリしなかったといいましたが・・



右の自覚症状は解消されていて、しかも戻っていない。



元々、左側に負担がかかるような習慣があり



(足の立方骨の低下あり、また,“こむら返り”も続いていたようです。)



その負担をカバーするように、右にも負担がかかっていた。



それと、お腹側の余裕が無くなった筋肉群(寛骨内筋)とのバランスを



とるために殿筋群(寛骨外筋)が緊張状態を強いられて・・持続的に神経を



圧迫それで、疼くような痛みが出ていた。



右側が楽になった分、余計にアンバランスになって・・・・



********



そこで、まず、足根骨を整え、足首に“脚半テーピング”で、



足首の痛みは解消。



足から診ていきました。



大腰筋、腸骨筋・・・骨盤隔膜、尿・生殖隔膜に異常・・・



殿筋群も同じように処置後“筋肉のバランス調整”



以上で、疼くような痛みは解消。



しかし、違和感が残るというので(痛み止めの注射のせいかも?)



何度か来院してもらえれば解決できると思いましたが、



「念のために、手術後の経過を診てもらった方が良いでしょう。」と、アドバイス



なお、この場合、



椎間板ヘルニアの外科的手術をしても効果は無いでしょうね!
2013/12/12

椎間板ヘルニア(1)

腰の椎間板ヘルニアと、診断された方が来院されました。



Saさん、45歳



どうにもならない状態で来院



前屈も、背屈も、特に、左側屈で、痛みが左の腰に出て、全く出来ません。



ベッドに腰掛けてもらい、同じ動作をしても、一番の痛みは、左側屈です。



そこで、どこの椎間板が出ているのか?



わき腹から腰椎に向けて、確認・・・



腰椎4番と、5番の間の椎間板のようです。



わき腹から、4番と5番の間を狙って、



軟骨操作を始めましたが、痛みが強すぎて出来ません。



そこで、座っている状態で、秘技で軟骨操作



それが終わると、彼は≪ん?あれ?≫という感じで、



左に側屈しても痛みはなくなりました。



前屈、背屈も軽くなり、引き続き、全身の調整に・・・



終わって、立ち上げると・・前屈、背屈は楽になりましたが、



左側屈で、少し戻り気味。



一応、日常の動きは出来るようになったので、様子を見ることに。



*******



翌日、左の側屈で、左の腰に痛みが残ると、言うことで、引き続き来院。



ベッドに腰掛けたままで、左に側屈すると左に痛みが出る。(戻っている)



前日同様に、秘技で軟骨操作をすると、座っての痛みはなくなります。



ところが、立ち上がって、同じ動作をすると、痛みが再発。



仙腸関節などの異常は戻っていない!どうも、右側で、



腰椎を引っ張っているのが原因だな!?と、考え足の足根骨の歪みから、



見直すことにそして、左右の大腰筋や腸骨筋など、お腹側の異常を集中的に施術。



再度の軟骨操作でOK!でした。
2013/10/09

腰 椎 ヘ ル ニ ア

当院のHPを見て、M町のA様、女性(33才)腰椎ヘルニアで来院。




2年前、病院で左腰椎のヘルニアと診断され痛み止め等の薬を




飲んでいるけどまったく良くならず、と問診表に書いてましたが




薬は症状を抑えるだけで良くはならないのです。




ヘルニアの手術をしても再発し当院へ通院される方も多数います。




ヘルニアの部分は結果ですから原因を改善しない限り再発するのです。




A様には、何故?ヘルニアになったのか説明をし、




骨格の歪みは自分で改善出来ることを体験して頂きました。




A様、こんなに簡単に改善できるとはとビックリ!




最初に左のヘルニアの部分を調整し、腰椎部の痛みが無くなった




ところで全身調整を開始、うつ伏せ~側臥~仰向けと調整していくと




だんだん左大腿部の痛み、シビレが解消されていきますので




何でぇー?と不思議そうに・・・




ヘルニアの部分は結果です、原因部を改善して行きますから




徐々に痛み、シビレが解消されるのです。




終了後に痛み、シビレの再確認をして頂くと




腰仙部に違和感がと言われましたので調整し解消。




あといつ来るといいですかと聞かれましたので




痛み等が出たら来て下さいとお送りしました。






オステオパシー整体院が他院と違うのは


ヘルニアに限らず腰痛、頭痛、肩こり、等々


自分で改善、予防する方法をアドバイスをしています。


実行するかしないかは本人次第なのですが・・・


「治して貰う」という考え方の人は何処にいっても治らないでしょう。!


最終的に根本原因を治すのは本人しか出来ないからです。




毎日の生活の中で体に染み付いた悪い癖を改善し


良い癖を定着させることが根本改善の早道です。


家に帰ってまた同じような悪い姿勢や、悪い体の使い方をしていたのでは


どんなに素晴らしい施術、治療を受けても元に戻ってしまいます。


症状の根本原因は、毎日の生活習慣の中に


ありますので日常生活での悪い身体の使い方等を


ご自分で改善しない限り再発してしまうのです。