FC2ブログ
2017/08/23

ギックリ腰と・・・

お母様の看病のために東京から帰省されたU様、女性(40代)、

ギックリ腰で予約されましたが、問診票にはギックリ腰、肩こり、

尾骶骨の打撲痛、右足甲の骨折後の痛みと書いていました。

ギックリ腰は時々なります、尾骶骨打撲は転んで・・・

右足甲の骨折は聴き逃しましたが何かに?ぶつけて・・・

肩こりは数年前からですと・・・。

東京ではOOオステオパシーに通院していたので、能代にも

オステオパシーが有って良かったと・・でもオステオパシーと

いっても中身が違いますし、看板だけの所も多いのが現実です。

私と同じオステオパシー出身であれば数回通院しているとの

ことですからギックリ腰は改善しているはずですが・・・

動体検査では、

前屈で痛い、背屈・側屈では少しの痛みが出ると。

お腹側に全く余裕の無くなっている状態です。

また、お腹の前に、原因は足から~と全身的に余裕のない体です。

今夏の暑さで冷たいのを飲み過ぎて内臓が冷えて血流が悪くなり

腹圧が上がり腰部を圧迫、また悪い体の使い方で、前仙腸靭帯の

緩み、インナーマッスルが拘縮し、腰部を引張りギックリ腰に・・・

夏場に多い典型的なギックリ腰ですと

簡単に説明をしてから施術開始。全身調整はもちろん、

足根骨~前距腓靭帯~外側側副靭帯~前仙腸靭帯などなどの

靭帯の緩みの異常をはじめ大腰筋、腸骨筋などインナーマッスル

だけでなく、腹直筋、腹斜筋などなども緊張状態でしたので調整。

尾骶骨の打撲部や足の甲の骨折後の痛みは、骨膜・骨髄・

靭帯等の調整で痛みは無くなり、肩こりも解消してましたので 

U様、不思議そうに痛くないですと

施術終了後に、

前屈をして頂くと、手が床に付くくらいまで出きて

U様、「楽に出来ます!ありがとうございました。」と笑顔でした。

あとは、戻らないようにアドバイスをして終了。

痛くなったらまた来てくださいとお送りしました。

スポンサーサイト



2015/08/05

ギックリ腰

辛そうな声で2日前にギックリ腰になって今日ある程度動けますので




今日、空いている時間があったら診てもらえますか?と予約の電話。




11時が空いていましたので10分位前に来るようにと・・・




市内のT様、女性、車からようやく降りて




腰をくの字に曲げて辛そうに入室されました。




問診も動作分析も出来ない状態でしたのですぐに施術開始。




夏場に多い症状の一つにギックリ腰が有ります。




暑くなると、冷たいものをゴクゴク飲んだりして・・交感神経を緊張させ、




内蔵に負担を掛け、体の外からはエアコンをかけて冷やし




体の内外から冷やし過ぎてギックリ腰や腰痛が増えて来ます。




■冷たい飲み物~お腹を冷やす~腹腔神経叢(交感神経)の緊張~




内蔵への負担、内臓機能低下~腹筋群の緊張~腰痛、ギックリ腰へと・・




■エアコンで体の外側が冷えて背筋・腰筋の緊張~




腸腰筋の緊張~ギックリ腰、腰痛へと・・・




お腹が冷えますので、リンパ、血流の滞留・・・




腹腔神経叢、(太陽神経叢、腰部神経叢)も緊張状態も




ギックリ腰、腰痛の原因になります。




さらに、前仙腸靭帯などの異常もあり、




また、肝臓、胆嚢、副腎、腎臓の機能低下と緊張もありましたが




全身調整を終わる頃には寝返りも打てるようになり




更に足も伸ばせる状態になったので、




T様、今日の朝は出来なかったのに楽に動かせますと笑顔でした。




施術終了後、T様、9割以上楽になった1回でここまで楽に




なるとは思ってもみなかったと次回の予約をされました。




話を聞いてみますと・・冷たいものを一気飲みしていたとの事。




冷たいものを一気飲みしますと交感神経を緊張させ、




副交感神経の機能が低下し、内臓機能を低下させますからご注意を!




水分補給は大事ですが




暑くても、温かいものや、口の中で温めてから




飲み込むようにした方が良いと思います、それと、お腹を冷やさないように!




今夏は熱中症も話題になってますが、




一所懸命に、水分を補給しても、内臓機能が低下していたら、




吸収できなくて下痢や、脱水状態に陥りますのでこれもご注意を!






2014/02/15

ギックリ腰

昨年の12月に腰痛で来院されたM町のF様、女性(55才)



今回は、ギックリ腰で来院。



草取りをした後にギクッと腰に痛みが走り動けなくなったと・・・



歩くのが辛そうに部屋に入って来ました。



草取りの姿勢は膝~腰に負担が掛かりますので予防が必要なのですが、



以前教えた私のアドバイスは全然頭に入ってませんでした。



前にも何回かギックリ腰をやっていましたので予防をしないと



ヘルニアになりますよと忠告をしていたのですが



F様曰く、「全然予防はしてません」と・・・困った方です。



まずはギックリ腰の前処置をしてから



うつ伏せになって頂き今度はヘルニアのチェックやはりヘルニアでした。



右腰椎の4番と5番の間に椎間板が少し出ていましたので調整し



痛みが無くなっところで全身の歪み、異常部を一括全身調整で



再確認では、痛みがほんの少し残ってましたが時間がなくこの日は終了。



次回の予約をして帰られました。



2回目の来院時に初回と同じ状態でしたので何かしましたか?と



聞くと調子が良くて仕事をしたと・・・



一日二日は安静にして下さいねの言葉は全く頭に無かったようです。



この方はこの繰り返しで改善するまでは4回かかりました。



ギックリ腰でもこの方は体に捻れが有りましたので時間が掛かりました。



当院では、自分で予防や改善できる方法を指導していますが、



自分で予防や治そうとしない方には困ったものです。

2014/02/05

ギックリ腰

【 ギックリ腰 】 (WiKipedeaより)

ぎっくり腰 、急性腰痛症の俗称。

地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、

欧米ではその病態から「魔女の一撃」(独: Hexenschuss)とも呼ばれている。

急性腰痛症と同意語として用いられることがあれば、病院等によっては

筋性腰痛症やファセットペイン等に限定して用いられることがある。

急性の筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)のほか、

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん)、

腰椎椎間関節捻挫(ファセットペイン)や

仙腸関節性腰痛(せんちょうかんせつせいようつう)などの病態が多いが、

稀にスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同様の痛みを発する。

発生要因等も様々であるが、主に年齢(ヘルニアは若年性だが筋関係は加齢に

よって好発)や運動不足(急な運動)などが考えられる。

なお、腫瘍が原因で起きている場合は、夜間痛・安静時痛が多く起こるので、

ぎっくり腰のように損傷事由を特定できる場合は少ない。

また最近では、原因を特定できない

腰痛を「非特異的腰痛」と呼ぶことがあり、ストレスの影響があるといわれている。

予防策としては、

荷物などを持つ際に足場の悪いところで無理な姿勢で持つなどしない

ように心がけることや、極端に重いものはなるべく持たずに済むように、

物の収納の方法などを普段から工夫しておくことも有効である。

また、睡眠不足でなおかつ過労ぎみの時なども起きやすいので、

そのような労働環境に陥らないように防衛策を打つか、

労働環境を自分から変える(配置転換の要望、転職など)もひとつの方法である。

可能ならば普段から軽度の(過度ではない程度の)運動をして腰まわりから背中に

かけての筋肉全体が弱らないようにしておくこともそれなりに有効である。

またゴルフをする人については、ドライバーの飛距離を争うようなプレイの

しかた(=背中から腰にかけて極端な負荷がかかる行為)やその目的の練習を避け、

他の要素をゆったりと楽しむというのもひとつの予防策になる


*******************************


「ぎっくり腰」といっても人によって傷みの部位が違います。

◆痛みの出る場所

①仙腸関節の捻挫

この場合は、一般的に腰より臀部(尻えくぼのあたり)に痛みがでます。

太もも後ろ側やふくらはぎに痛みやしびれが出ることもあります。

➁腰椎の損傷

この場合は、腰の中心部が痛みます。

下肢に痛みが出る場合もあります。

➂腰仙関節の捻挫

これも腰部に痛みがでます。

◆ギックリ腰は、改善するまでは個人差が有り1~3回位かかります。


************************


市内のH様、男性、30代、ギックリ腰で来院。

付き添いのお母さんの助けを借りて・・

車から降りるのも一苦労、入って来るのも苦労しながら

くの字状態で痛みに顔を歪めながら入室されました。

出勤したが我慢できず上司から休みを貰って来たと・・・

ベッドに、仰向け、うつ伏せは無理な状態でしたので

横になってもらい施術開始。

腹部の状態を探るように少し押すだけで痛~い!と体を硬直させて悲鳴!

どうにもこうにも、手をつけられない状態でした。

そこで、腰方形筋、大腰筋、腸骨筋、腸脛靭帯等の調整

とりあえず、楽に動けるようになったので・・・

一般的な施術手順で・・・

多少痛みが有るが動きが楽になり、

まっすぐ立てたのにはお母さんがビックリ!

仕事柄パソコンを使用しているとの事でしたので予防のアドバイス。

本当は安静が必要なのですがこれから出勤すると・・・

次回の予約をして帰られましたが戻りが心配です。



2014/02/01

ギックリ腰

能代市内のS 様、女性、39才、強度のギックリ腰。


以前、ギックリ腰が治った方の紹介でご主人の付き添いで来院。


毎年、今頃になるとギックリ腰になると・・・


くの字状態で入室、どうにかベッドに上がり横になって頂き、


お腹を伸ばそうとすると、腰に痛みが走るので、


まずは、お腹から徹底的に調整し、


腹部から手を入れて腰のインナーマッスルの調整後


一旦、施術を中止して寝返りが出来るか動いて頂くと、


ある程度動けるようになり


オォー!動けると、ご主人がビックリしてました。


それで、お腹を伸ばしてもあまり痛みが出なくなったので


ここから、全身調整を・・・精神的ストレスも関与していたので・・・解消。


終了後、腰に少しだけ痛みが残ったのでスライド療法でOKでした。


もう1回位来た方が良いですよと、言ったのですが


来ない所をみると改善したと思われます。


**********************************************


ギックリ腰に限らず、“寝違い”や、“こむら返り”も


“突然”やってくるように見えるが・・いずれも、前段階がある。


関連する筋肉が緊張状態になっていて、余裕が無くなっているのだ。


S 様は、この緊張が今頃ピークになるようですから、


少し前から緊張を取る為のアドバイスをしておきました。


柔軟性の無くなっている筋肉を、知らずに伸ばそうとした時、


筋状に緊張していて余裕がない筋肉を急に伸ばしたときに


筋膜や骨膜に瞬間的な負荷がかかって大げさに言えば、


肉離れ、剥離骨折状態から・・炎症を起こすことになる。


**********************************************


昔は、ボキボキ整体でやっていたが結構治せたものである。


しかし、時代と共に、お腹に問題がある腰痛患者が多くなって、


ボキボキ整体では治せない患者さんが多くなってきた。


一つは、精神的ストレスが増大する社会の中で、


腹部の緊張が増大したからなのか?


一つには、食生活上の生活習慣も重なってきているのであろうか?


いずれにしても、インナーマッスルに緊張が行く前の段階がある。


「臀部~大腿~下腿と、足部」 インナーマッスルが緊張している人


の場合特に、内転筋群(の筋膜など)に異常があり、


これらの異常がある人は、足裏の腱・靱帯も異常が必ず有ります。


***************************************************

2014/01/26

ギックリ腰

北秋田市の女性T様。ものを持ち上げ様として、


右腰をグキッとやったそうで・・・寝返りも、


起きるのも大変・・ということで来院。


前屈(お辞儀)は出来るが、背屈する(お腹を伸ばす)ことが出来ない。


最初、「お腹の方で伸ばせない状態になって腰が痛いんだから、


お腹の方を治さないとね!」と、言って始めたのですが・・・腰の方を


施術しないものだから・・・不満に思っていたようです。


最初の説明を納得していなかった様子。


そこで、先に腰の方に手を入れていきました、


勿論、スッキリするはずがありません。


ところが、お腹の方に手を入れるようになると、ドンドン、


寝返りも楽になるになるものですから、不思議そうな顔をしていました。


最後に、椅子から立ちあがるのに、多少の痛みが出るので、


痛みの出る部位・・ソケイ部の腸骨際を診ると、


筋膜の異常が残っていました。


下腹部に余裕がない状態で,急な腹筋力を加えたから、


筋膜にズレを生じたのでしょう。数秒で・・・OK!


再度確認動作をしても,痛みが出ないので・・・・なにか痛みがなくなった


のを信じられないように・・・不思議そうに何度も何度も、やっていました。


多分、数秒、手を当てているだけで、痛みがなくなった


ことを信じられなかったのでしょう。


2013/12/12

強度のギックリ腰

1週間前、ギックリ腰になり、



しばらくすると治るだろうと、放置していたが、痛みが増してきて、





動けなくなったと、Koさん、男性、51才が来院。





兎に角、歩くのも、座るのも大変な状態。





仰向け(仰臥位)も、うつ伏せ(腹臥位)も出来ないと言う、





横向き(側臥位)はなんとか出来るというので、腹部、腰部を液流療法で数分、





これで動きやすくなったので、通常通り、





全身調整を開始(結合組織療法、液流療法、最後に体内二軸調整で終了。





多少 違和感が残る程度になったので翌日もう一度の約束し、





翌日、簡単に全て解消。