FC2ブログ
2020/03/01

背中の痛み

背中が痛い特に右側が痛いですと来院された

市内のS様、女性(60代)

2週間位前から痛みだして呼吸も少し苦しいですとS様。

背部の筋膜や肋間靭帯が歪みで胸郭全体が歪んだと

簡単に考えて筋膜や肋間靭帯の調整をしてみると

「痛みは変わらないです」とS様。

これはいつものパターンと違うと反省し

始めからやり直して診ていくと

胸椎と肋骨の間にある肋椎関節の歪みでした。

これでは普通と痛みが違うし

胸郭の歪みで肺が圧迫され呼吸に影響が・・・

まずは直接の原因である肋椎関節の調整をすると

S様、「楽になったけどまだ少し痛みがあります」と言いますので

そこで胸郭の一括矯正をすると

「痛みがなく呼吸も楽になった」と笑顔でした。

何故?肋椎関節と胸郭が歪んだのかを説明し

全身を調整をしながら本当の原因部の調整。

S様、「さらに楽になりました」とまた笑顔

よほど痛く苦しかったのですね。

最後に

座って痛みの確認、立ってもらい痛みの確認をして頂くと

S様、「痛みがなく呼吸も楽になった!」と喜んで頂きました。

まだ戻りやすい状態なので予防=改善法を実行するようにと終了。

スポンサーサイト



2016/06/23

背部痛と肩こり

市内のN様、女性(41才)、1年2ケ月ぶりの来院。

昨年は、不定愁訴で通院されて改善。

今回の主訴は背部痛と肩こり。

背中が痛く呼吸するのが辛く、

肩こりも酷いので何とかして欲しいと・・・

かなり辛そうでしたので早速、説明をしながら施術開始。

まずは直接の原因である脊椎と肋骨の肋椎関節と

前面の胸骨・肋軟骨の歪みの一括調整。

肋椎関節の歪みが肋軟骨まで連鎖し、背部痛と肩こりに

そして、肺を圧迫し呼吸が苦しくなるのです。

肩こりでも原因は、手から、足から、内臓からといろいろ有りますが、

N様の場合、

肋骨の1~2番の歪みが原因で酷い肩こりになったのです。

一括調整後には痛みが軽減、呼吸が楽になったところで

今度は、本当の原因部を

全身の調整をしながら一つ一つ改善していき

更に、痛み具合を聞きながら調整し、

再度、背部痛と肩こりを確認して頂くと

背部痛、肩こりは無くなり、呼吸も楽になったとN様。

「もっと早く来れば良かった」と、

次回の予約をされて帰られました。

N様には次回まで戻らないように予防法を指導。

***************************************

この「背部痛」はもっと増えると思います。

当院に「背部痛」で来院される職業の方は

仕事でパソコンを使用している方が特に多いです。

次に、介護関係の仕事をしている方、

あとは、ゲームをしている方です。

当院では、自分で簡単に出来る予防法、改善法を指導しています。





2015/06/10

背部痛、特に右背中の肩甲骨下部の痛み

以前、肩こり、目まい、耳鳴りが改善された



女性、I様が同伴で甥御さんのK様、男性(25才)と来院。



K様は背中が痛く特に右背中の肩甲骨下部が痛いと・・・



接骨院に数ヶ月通院したけれど改善されず叔母様のI様に



相談したところ当院を紹介されて連れて来られたようです。



動態検査をし原因を追求し何故?背中が痛いのかを説明。



まずは、足根骨~足首~膝~股関節~骨盤~腰椎~



脊椎~頚椎~頭蓋の側頭骨までの歪みと骨格筋の緊張は



自分で改善出来ることを体験して頂くとK様は、んっ!?と



不思議そうにしていたらすかさずI様がほら不思議でしょう!と、



当院の施術をK様に説明してもなかなか信じて貰えないので



連れて来た方が早いと思い一緒に来たと・・・



当整体院は、一般の整体院やカイロプラクティック院とは



施術に対する考え方もアプローチの仕方も違いますので



初めての方々は不思議な整体と驚かれます。



東洋医学では、実症と虚症が有ります。



「 実 症 」



筋肉が張ってますね、コッテますねが



指圧、マッサージ、他の整体、カイロ等。



「 虚 症 」



結合組織(靭帯、腱、骨膜、筋膜、等々)を調整すると



筋肉の緊張は改善され同時に骨格の歪みが改善されます。



当整体院の基本の施術ですがこれにプラス自律神経、血液、



リンパ液、髄液、内分泌駅、内蔵機能、ストレスなどを調整する



全身調整が好評です!。



K様も全身調整終了後は初めての方がよくする体をいろいろ



動かして痛みを探していましたが少しだけ右背部に違和感が



有ると言うのでリンパの流れを調整するとまたもんっ!?と



不思議そうにしていました。



まだまだ戻りやすい状態ですので



予防をするように約束して帰られました。



よく骨盤の歪み、脊椎の歪みが体の痛みの原因と



言う所が有りますが、



「骨は勝手に歪みません」し、「筋肉は勝手に拘縮しません」



その原因を追求し改善しないことには戻りが早いのです。





2015/01/22

左首から左肩~左上背部までの痛み

市内のS様、女性(35才)、左首~左肩~左上背部までの痛みで来院。




雪かきをしてから痛くなったそうで少しすると治ると思っていたけど




なかなか治らず痛みが強くなって来たと、特に首を後屈すると




首から上背部まで強い痛みが出ると・・・




私も12月から雪かきをしていますが、体の歪み~痛みの




予防してますので元気で雪かきを頑張っています。




その予防の仕方の部分を掴んでS様に首を後屈




して頂くと痛みが軽減すると不思議そうにしていました。




仕事でも手を使うそうですのでそれに今回の雪かきでの




手の使いすぎで首~肩~上背部に痛みが発生したのです。




そこで、何故、手を使い過ぎると、




離れたところ・・関係の無いところが痛くなるのか?




手掌の腱・前腕骨間膜(靭帯)と、




手の構造と、筋肉の緊張と骨格の歪みの関係を、




S様の身体を使って実感してもらいながら説明していきました。




手の使い過ぎによる・・




手掌腱・靭帯への負荷⇒前腕骨間の開き⇒腕神経叢(交感神経)の




緊張⇒骨格筋の緊張・拡大波及⇒首・肩痛、背部痛へと・・・




また、雪かきは足も踏ん張りますので




足根骨~腓骨・脛骨(下腿骨間)~膝関節~股関節~骨盤~




腰椎~脊椎~肩~首と・・・結合組織の異常が出てきますので




全身調整をしなければ改善はしないのです。




首の痛みは最終的に足からの原因で腹直筋を調整しOK.




肩~上背部の痛みは第1~第7の肋椎関節の調整で




OKでしたが念の為に胸郭全体を一括矯正。




一旦緩んだ靭帯の場合、再発しやすいですから




手を使うな!とは言えませんから、




再発防止のため固定法と予防のアドバイスをして終了。




またお願いしますと帰られました。
2014/02/18

ギックリ背中

以前、肩こり、腰痛で来院されていた



市内のS様、男性(61才)、背中が痛く呼吸が苦しいと・・・



いろんな所に行ったようで最後に接骨院に行ったら



ギックリ背中と言われたそうですが通院しても改善せず当院へ。



「痛い所は結果」ですからいくら湿布をしても指圧、鍼灸を



しても改善されまさん、原因は別のところに有るからです。



S様に理解をして頂くために原因部への靭帯・腱テーピングを



すると楽になってきましたと、そこで何故?背部痛になったのかを



説明しながら原因部から施術開始、そして全身の結合組織の



異常部を調整し、再度痛みの確認をするとまだ少し有るとのこと



でしたので肋椎関節・胸郭の一括調整をし痛みを解消!



呼吸も楽になったと喜んで頂きました。



あとは戻らない為、予防のアドバイスをして終了。



S様、「初めからここに来ればよかった!」と帰られました。



S様はまだ軽い状態でしたから1回で解消されましたが、



症状の重い方は改善するまで2~3回は掛かります。
2014/02/16

ギックリ背中 (背部痛)

H町のS様、男性(43才)十数年前からの背部痛(ギックリ背中)で来院。



整形外科、整骨院、整体、マッサージ等いろいろ行ったけど



その時は良いけど直ぐに痛くなりなかなか良くならず、また



湿布や痛み止めを飲んでも効果は無く諦めかけていたと・・・



そこで藁をも掴む思いでネットで検索し当院のHPを見て来院。



問診や動作分析で原因を探っていき分かったところで



新規の方には必ず体験して頂くのですが、



S様にも骨格は自分で改善できる方法を体験して頂いたところ



右骨盤、股関節が締まる感じがするし姿勢が良くなったと



感動されていました、男性としてはかなり敏感な方でした。



次に、何故?背部痛になったのかを説明し納得して頂き施術開始。



仕事柄パソコンを使用、そして悪い体の使い方等の影響が



常に負担の掛かっている背中に集中し脊椎と肋骨の



肋椎関節が歪み痛みが出ているのです、その先の原因を調整していくと、



S様、だんだん痛みが薄くなって楽になって来ましたと・・・



長年の背部痛の方は頭蓋底の詰まりも有りますので頭蓋底を開放して



いると、更に背中も楽になって来たと不思議そうに言っておられました。



長年の痛みでのストレスも有りましたので解消し体内二軸調整で終了。



S様、8割強は痛みが消えたし十数年前に戻ったと笑顔。



戻らないためのアドバイス、そして実行するように約束し



次回の来院を約束して帰られました。



前にも書きましたがこの背部痛



(ギックリ背中)の方はもっと増えると思っています。



その原因と予防の仕方は意外と知らない方々が多いのでは・・・
2014/02/15

ギックリ背中 (背部痛)

最近、背中が痛いと来院される方が多いですが



これからもっと増えると考えています。



仕事でパソコンを使用してる方、ゲームをする方、



手を使いすぎる仕事の方、その他等々・・・です。



手の使い方や、手の使い過ぎで、手の結合組織(靭帯・筋膜など)に



異常を生じさせ、その影響が、筋膜異常を連鎖・連続させて、



後部は、前腕~上腕~肩~背中~



前部は、前腕~上腕~肩~胸部~に波及し、



脊椎と肋骨の関節の歪みが生じ背部痛と呼吸が苦しくなるのです。



また、脊椎の歪みで迷走神経が圧迫され内臓へと波及し機能低下・・・



今回のクライアント様は



4年ぶりに来院された女性、H様、36才、右背部痛(ギックリ背中)。



入室時は呼吸が浅く、背中が痛いと入って来られました。



この方も仕事で朝から夜までパソコンを使っていますので



上記の説明をしながら全身を調整して行き、その中で



特に、胸郭と肋椎関節の調整し肺の圧迫を解消、内臓の機能低下も



有りましたので調整、ストレスクリーニング、体内二軸調整で終了。



痛みの再確認ではH様、「痛みが無く呼吸が楽になりました!



またお願いします」と帰られました。



この背部痛ですが、上半身に捻れが無い方は1回で改善します。



捻れの有る方は2~3回掛かります。
2014/02/14

背中が痛く呼吸が苦しい (ギックリ背中)

市内のT様、女性(38才)背中が痛く呼吸が苦しいと来院。



見るからに苦しそうに背を丸めて入室、仕事を休んで来たと・・・



こういう方が接骨院に行くとギックリ背中と診断されるのでしょうね。



当院では、背部痛の1つとしてと診ています。



T様を診てみますと、



胸郭の歪みが酷いので肺が圧迫され呼吸が浅くなり苦しいのです。



手術歴は平成22年に卵管を摘出と問診票に書いていましたので



手術痕の筋膜等の異常を調整し全身の異常部の調整



そして胸郭の歪みを一括矯正し再確認



呼吸が楽になったけどまだ少し上背部が痛いと言うので



痛みの有る部位の肋骨と椎骨の関節部を一つ一つ丁寧に



矯正していくと痛みが消えましたと不思議な顔をしてました。



ストレスも有りましたので解消、体内二軸調整で施術終了。



あとはいつも通りに何故?こうなったのかを説明をし、



予防の仕方をアドバイスをしてして終了しました。



帰り際に「またお願いします」と言われましたが



「アドバイスを実行すれば私の所に来なくても大丈夫ですよと」お送りしました。



痛くて苦しいのがイヤだったら必ず実行して欲しいものです。

2014/02/11

右背部痛、右腕の違和感、怠さと・・・

以前から当院のHP&ブログを読んでいて



いつかはここに来たいと思っていたんです、と。



市内のN様、29才、女性、右上背部の痛みと右腕の違和感、怠さで来院。



昨年、第2子を産んでから痛み、違和感・だるさが出たと・・・



育児中なので赤ちゃんを抱っこ、横になり授乳中に右背部の痛み。



まずは骨格の歪みは自分で改善できることを体験をして頂き、



痛みの出る姿勢や、何故?そこが痛いのかの原因を説明。



背部痛、右腕の違和感・だるさの1つの原因である前腕、手根骨の調整



もう一つの原因の足根骨、下腿~骨盤の調整。



股関節、骨盤が開いていたので内臓下垂と機能低下が



有りましたので内臓機能の活性と同時に下垂の調整



内臓がスッキリ軽くなるのがわかります、と・・・



施術中に実は三叉神経の下の方の痛みと痔疾もあるとのことでしたので



全身調整の流れの中で調整、三叉神経痛は痛みは改善



痔疾の方は様子をみてもらうことにし、体内二軸調整で終了。



横になり授乳の姿勢をして貰い痛みの確認、解消されていました。



あとは、いつものように戻らない為の予防、改善の仕方のアドバイス。



右背部痛、右腕、足も楽になったと喜んで頂きました。
2014/02/06

首~肩~背中~腰(すべり症)~膝が痛い

八峰町のT様、63才、女性。



首、肩、背中、腰(スベリ症)、膝が痛いと紹介で7月25日に初来院。



この日は、説明も聞かずに



「今日は背中の痛みだけとって」と、すぐにベッドに寝てしまいました



背部がよっぽど痛かったのでしょうね。



施術をしながら説明をしようとしましたが聞く耳持たずの状態。



今日はまぁー良いかと思い直し全身調整を



施術後、1回でこんなに楽になるとは思ってもいなかったと・・・



1週間後の1日に来院され開口一番にこの1週間は痛みも無く



天国だったと笑顔で報告されました、嬉しい報告です。



昨日、仕事で重い物を持ったらまた痛くなったので来たと、



今日は、誰にでもやる説明をし、アドバイス通りに動いもらい



自分で骨格を矯正できるのを体感して頂き



何故?悪くなるか・・・



何故?痛くなるか・・・



更に細かいアドバイスで予防の仕方を理解してもらいました。



結合組織、リンパ、血流の異常、ストレスを解消、体内二軸調整をし終了。



自分で骨格を矯正でき、姿勢の良くなるグッズを買って帰られました。
2014/02/05

背中の痛み

◎市内の女性、A様、32歳、首から背中が痛いとHPを見て来院。



首から上背部が痛くて、首を動かせなく辛いと・・・



立位で動作確認をすると首の前屈、後屈、側屈でも痛みが出る



座位では少しだけ痛みがあると・・・原因は手からと診ました。



話を聞くと仕事で一日中パソコンを使用し腕をかなり使ってるようです。



手の使い過ぎから・・・



手根間、前腕骨間の靭帯の緩みが原因で、腕~肩~背中痛に。


*************************************************


◎7ヶ月ぶりの来院、市内の女性、K様、42歳、この方も首~背中痛。



この方も、A様と同じくパソコンを使っているので戻らないように



アドバイスをしたのですが実行していなかったようです。



手の使いすぎから、手根骨間~前腕骨間が開き・・



靭帯の緩みから・・交感神経(腕神経叢)の緊張・・筋緊張の波及



負担が首、背部へ集中・・・痛みが出たのです。



お二人に共通するのは手の使いすぎによる



手~前腕の靭帯の緩みからくる首~背部痛です。



施術としては、



(靭帯・筋膜・腱・骨膜・粘膜などの)結合組織療法や、



(リンパ・血流の)液流療法



内臓機能活性化法で治療を進めていきました。



また、ストレス解消点を探すと頭頂部に・・・ストレスを解消。



お二方、かなり疲れていたのでしょう、



内臓は全体的に機能低下状態でした。



全身の調整を終えると、疲れも解消できたようで、



再度動作確認をすると痛みも解消されていました。



安定・固定のためのアドバイスをして終了。


2014/02/04

ギックリ背中

日曜の午後、市内のH様、58歳、女性。

背中が痛み、整骨院に行ったら「ギックリ背中」と診断され

何回か通院したが痛みが取れず紹介で私の所へ。

ネットで調べても医学的用語でも無く、ハッキリした説明が有りません。

***************************

皆様に分かりやすいのを「ALLAbout、健康・医学」から抜粋しました。

ぎっくり腰ならぬ「ぎっくり背中」って何?

ふとした動作で背中に痛みが走り、それ以後、腕や頭の動きでも痛い、

腰を動かしても痛い…寝返りも、くしゃみもツライ!といった経験はありませんか?

あなたも「ぎっくり背中」かもしれません!

ぎっくり腰と同じようなことが背中でも起こる!?

「ぎっくり背中なんて聞いたことない!」という方、

ぎっくり腰のようにその頻度は多いものの、

「背中の痛み」としか表現されずこの言葉には馴染みが無いかもしれません。

今回は、肩こりからも腰痛からも派生する可能性がある

ぎっくり背中についてお話しましょう。

そもそもぎっくり背中とは?

何気ない体の動きで背中に痛みが走ったり、いつの間にか背中が痛くなっていたり…。

背中の痛みも日常動作に支障がでる場合があります。

あらゆる媒体で腰痛情報を調べてみると、ぎっくり腰(急性腰痛)として紹介されて

いるものは目につきますが、ぎっくり背中はあまり馴染みがないかもしれません。

それもそのはず、ぎっくり背中とはぎっくり腰を経験した方々が、ぎっくり腰の発症と

似ている背部痛として、そのように表現されていたり、ただ呼びやすいために

「急な背中の痛み=ぎっくり背中」と表現していたりするからです。

実は頻度は多いぎっくり背中

正式名称でも医学的な用語でも無いぎっくり背中ですが、

その頻度は少なくはありません。腰の上部を指して「背中が痛い。」と

表現する方もいらっしゃいますが、腰痛を腰椎のあるレベルまでとすると、

このぎっくり背中と表現される範囲はとても広いです。

おおまかにですが、肋骨(あばら骨)のある範囲の背部が、この範囲となります。

ですから痛みのある部分が、背中の中央レベルであったり、

肩甲骨のレベルであったりするわけです。

急な痛みを肩甲骨内側や、背骨付近、肋骨付近に生じ、体や腕を動かすたびに

痛みを感じ、動作が制限されたり、咳払いも恐々…となるかもしれません。

急な背中の痛み! その原因は?

いわゆる「背中」にあたる部分は、肩こりや腰痛での影響を受けやすく、

気付けば筋肉がガチガチに硬く張っていることがあります。

1本の背骨を首の部分(頚椎)、背中の部分(胸椎)、腰の部分(腰椎)と分けて

みると、背中の部分の構造は、首や腰とはだいぶ異なるものになります。

背中の部分は内臓が収まるかのような後方への生理的なカーブがあり

(首、腰のカーブは前方へのカーブ)、また肋骨があることでの安定性もあります。

その一方で、背中にある複数の筋肉や関節の機能は、肩こりや腰痛に伴う

筋肉のアンバランスや姿勢の変化による影響を受けやすい面もあります。

肋骨と背骨との連結部分にも負担がかかることがあり、そうなると呼吸をする

だけでズキっと痛みが走ることがあります。

筋肉の過度な緊張や筋繊維の微細断裂の可能性が懸念されます。

どんな時に背中がギクっと痛くなる?

ぎっくり背中の状態では、ちょっとした動作や咳やくしゃみの

衝撃で痛むことがあります。胸部に響くことも。


ぎっくり背中というネーミングから、ぎっくり腰のように、

ふとした拍子に突然襲う痛みであることがわかると思います。

(朝目覚めたら、痛くなっているなどきっかけの動作が無いケースもあります。)

肩こり・腰痛で頚部・腰部を支える筋肉のアンバランスや機能低下、

そして疲労の蓄積に起因する場合があります。


そういった不調を自覚していても、「普段、こりは感じない。」と

自覚が無い人でも、背中に激痛が走ることがあります。


■ぎっくり背中 危険な瞬間!

棚の上にある荷物を取ろうと、腕を伸ばした瞬間。

久しぶりのテニスやゴルフなど、腕を使い体を捻る動作のスポーツを行う時。

深呼吸をした瞬間。

デスクワーク中に床に物を落とし、座ったままそれを拾おうとした時。

服の袖に腕を通そうとした時。

くしゃみ、咳の瞬間。

背中の痛みを生じた場合で、

胸部痛や息苦しさ、発汗、強い背中の痛み、絶え間なく痛む、

寝ている時もつらいなどがあれば、早めに病院へ行きましょう。

ご自身で判断が難しい場合も不安回避のために、

内臓疾患からの関連では無いことを確認しておくことも良いかと思います。

***************************

私の所では、「背部痛」として施術していますが、

要は、脊椎と肋骨の関節のズレが問題なのです。

全身調整しながら胸郭を一括矯正すると痛みは解消され

呼吸も楽になり、首を動かしても痛みは出なくなります。

何故?こうなるのかを説明し、アドバイスをして終了しました。

2014/01/31

上背部痛

私のHPを見て来院された市内のCi様、男性、39才。



首から上背部にかけての痛みが酷く、パソコンを長時間打ってられないと・・



早速、動作分析で検査をすると



原因は手から8割位、足からは2割位でしたので



左右の前腕を軽く閉めて痛みの出るように首を動かしてもらうと



痛みが少し残る程度にクライアントさんはビックリ!?してました。



それから、全身の骨格をチェックし歪みを確認して頂き



そこで、新テクニックの「錦帯橋テクニック」の



足バージョンを・・・軽く足踏みをして頂いてから再確認、骨格の歪みは無くなり



またまたクライアントさんビックリ!?



さらに、手バージョンを・・首を痛みの出る動きをしてもらいましたが痛みは無し



ここから施術開始



全身を結合組織療法で特に骨膜の異常を解消し終了。



あとは、戻らない為のアドバイスをジックリ説明



説明はいいから早く治してくれ、という態度の方が大半なのですが



真剣に聞いてくださり嬉しかったですね、こういう方は数少ないのです。



”錦帯橋テクニック”で、今までの”簡易足底板”は不要になりました。



錦帯橋テクニック後は、瞬間的に反応も消え、ほとんど整理されます。



あとは、結合組織療法の骨膜療法などで施術をするとかなりの時間短縮になりました。



手の錦帯橋テクニックでも、前腕~上腕~肩周りの異常、腕神経叢の緊張も解消。

2014/01/28

背中が痛い

秋田市のM様、男性、36歳。



自宅で鉄アレイを使用しインナーマッスルを鍛えようと思い



身体を捻ったり、側屈したりと色々身体を動かしたそうで・・・



その時は何とも無かったが、夜中に寝返りをしようとしたら



背中(胸椎の7~10番)に突き刺すような痛みで動けない状態に。



次の日、病院に行くとお決まりの湿布と痛み止めを貰ったが



痛みは取れず、そこでネットで検索し私の所に辿り着いたようです。



動作分析(検査)では、



前屈では痛みはなく、後屈、側屈、上半身の捻りで、痛みが出ると。



胸郭の歪み、肋骨と背骨の関節のズレ、前腕の調整で楽になった



ところで全身調整を、お腹の部分もかなり硬かったので調整。



再度、立位、座位で後屈、側屈、捻りと動いて頂くと、



捻りで僅かに痛みが出るので、痛みが出る前まで動いてもらい



スライド療法で痛みが解消。



また何か有りましたらお願いしますと、帰られました。



自宅で筋肉等を鍛える人は多いかと思いますが、最初は専門の



方から指導を受けてからご自分で練習をすることをお勧めします


2013/08/07

背 部 痛 ( ギックリ背中 )

H町のS様、男性(43才)十数年前からの背部痛(ギックリ背中)で来院。


整形外科、整骨院、整体、マッサージ等いろいろ行ったけど


その時は良いけど直ぐに痛くなりなかなか良くならず、また


湿布や痛み止めを飲んでも効果は無く諦めかけていたと・・・


そこで藁をも掴む思いでネットで検索し当院のHPを見て来院。


問診や動作分析で原因を探っていき分かったところで


新規の方には必ず体験して頂くのですが、


S様にも骨格は自分で改善できる方法を体験して頂いたところ


右骨盤、股関節が締まる感じがするし姿勢が良くなったと


感動されていました、男性としてはかなり敏感な方でした。


次に、何故?背部痛になったのかを説明し納得して頂き施術開始。


仕事柄パソコンを使用、そして悪い体の使い方等の影響が


常に負担の掛かっている背中に集中し脊椎と肋骨部の


肋椎関節が歪み痛みが出ているのです、その先の原因を調整していくと、


S様、だんだん痛みが薄くなって楽になって来ましたと・・・


長年の背部痛の方は頭蓋底の詰まりも有りますので頭蓋底を開放して


いると、更に背中も楽になって来たと不思議そうに言っておられました。


長年の痛みでのストレスも有りましたので解消し体内二軸調整で終了。


S様、8割強は痛みが消えたし十数年前に戻ったと笑顔。


戻らないためのアドバイス、そして実行するように約束し


次回の来院を約束して帰られました。


この背部痛


(ギックリ背中)の方はもっと増えると思っています。


その原因と予防の仕方は意外と知らない方々が多いのでは・・・