FC2ブログ
2020/02/12

断乳後の胸の張りと痛み

断乳後の胸の張りと痛みを訴えて来院された市内のY様(30代)

触診すると、胸はパンパンで硬くなっていて「痛いです」とY様。

そこで近位のリンパの流れや血流をチェックすると流れが悪く

母乳の出が悪い時に良くするポイントもチエックすると異常が

まずはリンパ、血流を良くする為に全身の歪みを取りながら

左右のリンパ本幹~静脈に流れるように調整。

妊娠~お産で骨盤はもちろん内蔵機能低下と位置異常も

ありましたので骨盤矯正と内蔵活性、位置の調整後

ストレスも有りましたのでクリーニング法で解消。

最後に胸周りのリンパ、血流の調整をしていると

Y様、「胸が楽になって来ました。」

時間をかけて調整し6割り程度改善しましたが

治療時間が過ぎましたので今回はここで終了。

帰り際、来週またお願いしますとY様。

3週間後、2度目の来院。

早く来るつもりでしたが風邪をひいてしまい遅くなったと。

胸の張りと痛みは

1回目の施術から2日位で改善されたそうです。

ただ風邪は治ったけど咳が長引いて

胸に違和感がありますのでなんとかなりませんか?と

先回と同じように全身調整後に

胸の違和感のある部位と脊椎の上部の調整で楽に・・・

あとは、風邪で免疫力が低下していますので

免疫力活性法で調整中にY様は気持ちよさそうに寝ていました。

免疫力が低下している人に活性法をすると皆さん寝ています。

終了後、Y様「体が軽くなった」と笑顔で帰られました。
スポンサーサイト



2020/01/14

産後の尿もれ、痔疾

お産の時の裂傷や切開した縫合部の筋膜の歪みで

尿もれの人や痔疾の方が最近来院されています。

「尿もれ」は自分の意志とは関係なく尿が出

咳やクシャミをした瞬間や重いものを持ち上げる時など・・・

それは、

10ケ月もお腹の中に赤ちゃんがいましたので骨盤が開き内蔵下垂に

骨盤が開いていますので内臓が下垂して膀胱や直腸を圧迫し、

子宮も腸も下がりますので痔疾になりやすいようです。

秋田市のA様、尿漏れと痔疾で来院。

A様は20代の頃から痔疾が有ったそうですがお産後にひどくなり

尿もれもあり悩んでいたところ知り合いの方から聞いて来たそうです。

最初に、出産後、縫合する時、

骨盤隔膜や尿生殖隔膜も同じく縫合するようですので

まずは縫合部の調整ですがご本人の手を借りて

筋膜の歪みや癒着と骨盤隔膜と尿生殖隔膜の調整。

A様は、

双子を出産されていますので切開部が大きく時間をかけて調整

骨盤隔膜、尿生殖隔膜は左側の歪みが強いので

A様に聞くと「痔疾は左側から出血ある」と。

その延長で尿道が左に引っ張られて尿もれになった?と考えて調整。

お産は重労働ですから全身の調整をしていく中で内蔵の位置調整と

骨盤仙骨矯正して終了。

最後に、予防=改善法をアドバイス、必ず実行するようにと約束。

A様は、尿もれは3回、痔疾の出血は5回で改善されました。

*****

もう一人、市内のY様、直腸が少し出ていて(脱肛)

椅子などに座ると患部があたり痛いと来院。

Y様もお産の時に切開されたようです。

A様と同じように全身調整、骨盤隔膜、尿生殖隔膜、内蔵の位置調整。

Y様は2回で改善されました。

A様同様に予防=改善法をアドバイス。

◎どんな症状でも1ケ月以上その症状が出なければ改善したと思ってください。

*****

■改善するまでは個人差がありますのでご理解ください。
 (一人ひとり状態に違いがありますので・・・)

*******
2018/11/23

産後の肩こり

市内のM様(27才)、7ヶ月前にお産してから

肩こりがひどくなったと来院されました。

赤ちゃんを抱っこする時間が長いのと家事・洗濯・掃除と

手を使いますから当然といえば当然ですが・・・

手からの他にも原因が・・・

下腿からと、内臓機能低下による内臓反射痛でした。

M様に限らず

現在の日本人は足からの原因で骨盤が開き内蔵下垂に

なっていてリンパ、血流が悪く内臓機能低下の方が殆どです。

まして妊娠しお腹の中に赤ちゃんが10ヶ月もいますので

骨盤の歪みが更に大きくなり右腸骨は右前下方に変位し

左腸骨は左後方に変位していますので骨盤の上にある

腰椎~胸椎~肩~頚椎と歪みが上行し肩こりに・・・

この歪みは自分で改善できることを体験して頂くと

M様は、「本当だ治っている」と ビックリしていました。

あとは、手から足から頭蓋からと全身を調整していく中で

内臓機能活性と同時に内臓下垂を調整すると

内臓反射痛の肩こりは解消されていました。

また育児に対するストレスもありましたので解消。

M様、「体だけでなく心も軽くなりました」と帰られました。

当院の「内蔵機能活性法」は好評です!

皆様も一度足を運んで体験してみませんか?

心よりお待ちしております!
2018/11/02

産後の腰痛と肩コリ

さいたま市のY様、女性(32才)、1年前、帝王切開で出産。

出産後、腰は左、肩コリは特に右が強いと・・・、

今はないが前に目眩がありなんとなく不安ですと。

腰痛~肩コリ~目眩は共通の原因が有ることを説明。

お腹に10ヶ月赤ちゃんが居ましたので当然骨盤が開き

軸足側の骨盤が前方変異し腰椎が歪み腰痛に・・・

また、

腰椎の歪みが胸椎まで連鎖し特に上部胸椎の歪みが強く

肩甲骨~鎖骨まで連鎖し肩コリに・・・

胸椎の歪みが頚椎~上部頚椎と側頭骨まで連鎖し目眩に・・・

肩コリ、目眩の場合、手からも

前腕~上腕~肩=鎖骨まで歪みの連鎖し鎖骨から側頭骨の

乳様突起まで付いている胸鎖乳突筋が引き下げられて

側頭骨の歪みになり目眩や耳鳴りの原因に・・・

腰痛(骨盤の歪み)の本当の原因は別にあることを説明し

更に腰痛、肩コリは内臓機能低下による内臓反射痛もあることも

施術は全身調整。

手から~足から~股関節・骨盤~腰椎~胸椎~頚椎~

頭蓋(縫合部)・顔面までの歪みを解消していき内蔵位置異常

(特に婦人科系の内蔵)や内臓全体を内蔵機能活性法で調整。

施術終了後、

腰痛、肩コリは解消しましたが目眩のほうは様子を見て頂くことに・・・

帰り際に、Y様 「体が軽くなりました」と笑顔で帰られました。



2018/10/26

産後の腰痛

市内のM様(27才)、産後の腰痛で来院。

他の治療院、整体院へ行っても良くならないので

当院のHPやブログを見て来たそうです。

産後の腰痛は

特に結合組織(靭帯、筋膜、骨膜等々)の異常があります。

この結合組織の異常は他院では簡単には調整できないのです。

当院はこの結合組織の調整が最も得意です。

また、内臓反射痛の腰痛もありますので内臓機能の調整も・・

最初に、M様には、骨盤や脊椎―頚椎―頭蓋まで自分で改善

できることと、更に骨格筋も緩めることも体験して頂きました。

また、腰痛の原因はそこだけではなく本当の原因は別に有ることを説明。

それと10ケ月も赤ちゃんがお腹にいましたので当然内蔵は圧迫され内蔵

位置異常やリンパ、血流が悪くなり機能低下し内蔵反射痛もありえます。

施術は、

手から~足から~頭蓋からと進めて行き内蔵調整をやっていくと

肝臓と左右の腎臓がリンパ・血流が悪く硬くなっていましたので

M様に言うと 他院でも硬いと言われそのままでしたと・・・

内臓機能調整と謳っていて出来ないとは 私は!?でした。

M様の全内臓調整は勿論、肝臓、左右の腎臓を調整していくと

M様、「柔らかくなった凄い」と、ビックリ!していました。

施術後、再度痛みの確認をして頂くとOK!でした。

M様には、まだ戻りやすい状態なので予防=改善法をアドバイス。

当院の内臓機能活性は皆様に好評です!

どこに行っても良くならない方は一度当院に足を運んでみてください。


2018/09/26

産後の骨盤矯正と・・・

1年前にお産をしてから骨盤の歪みが気なって他の整体院や

接骨院に行ってもしっくりしないのでネットで検索し当院に

来院された市内のY様、32才、骨盤の他に肩こり、腰痛と

以前あった目まいがいつなるか不安でと・・また手術歴は

お産の時に帝王切開したと問診票に書いていました。

よく骨盤や背骨の歪みは000と書いている所がありますが

骨は勝手に歪みませんし筋肉も勝手に拘縮しません。

筋肉や骨をいくら矯正してもすぐに戻るのは何故か?

それは歪ませている本当の原因を調整しない限り無理なのです。

悪くしたのは本人ですから本人が改善できるのです。

Y様には、

足根骨―足首―膝関節―股関節―骨盤―腰椎―脊椎―頚椎―

顔面骨―頭蓋(特に側頭骨)までの歪みを確認して頂き、

アドバイスどおりにして貰い再確認をして頂くと

「 エッーこれだけで 」と、ビックリしていました。

症状の説明としては、

足から股関節・骨盤―腰椎の歪みと

帝王切開部の筋膜の異常・癒着で腰痛に・・・

胸椎と上部肋骨の歪みで肩こりに・・・

上部頚椎の歪みと側頭骨の歪みで目まいに・・・

これらを歪ませている本当の原因は別にあるのです。

全身調整で全ての原因部の

結合組織(靭帯、腱、筋膜、骨膜等)を調整し、肩こりや

腰痛、骨盤の歪みを再確認して頂くと痛くないと、笑顔でした。

目まいの方は様子を見ていただくことに・・・・

痛みが消えても完治した訳ではないのでと説明をし

「予防=改善法」をアドバイスして終了。


******************
2018/06/20

産後の体調不良

最近、妊婦さんや産後の調整の方が続いています。

その中の一人市内のT様、2ヶ月前にお産をしてから

全身のコリ、天候が悪い時めまい、倦怠感があり、また、

胃腸の不調、便秘になったり、ガスが溜まりやすいと来院。

早速、骨格や筋膜異常等をチェックしていくと 過去最悪の

骨盤の歪みでした右腸骨は前下方に左腸骨は後下方に

変位の度合いは最悪の状態でその連鎖で腰椎~胸椎~頚椎~

頭蓋と繋がっていましたのでめまいが有っても当然ですね。

でもこれらの歪みは自分で改善できることを体験して頂きました。

これ位 全身の歪みが有れば全身のコリは必ず有ります。

また、骨盤が開いていますので内臓全体が下垂し、特に下側に

有る内蔵が圧迫されますので内蔵機能が低下し倦怠感や便秘、

ガスが溜まりやすくなるのも簡単に理解できます。

めまいは 上部頚椎の歪みが有りますのでこれも当然かと・・・

施術としては、

まず全身の結合組織(靭帯、腱、筋膜、骨膜等)の調整、

結合組織の調整をすると筋肉が緩み骨格は正常な位置に

戻り、リンパや血流が良くなりますのでポカポカしてきたと・・・

次に、内臓下垂の調整と内臓機能の活性で便秘改善法や

ホルモンバランスの調整で免疫力が上がり倦怠感改善、

めまいは上部頚椎の調整で様子を見ていただくことに・・・

アドバイスとして骨盤の開きは戻りやすいので3ヶ月位は

骨盤固定法をするようにと約束し、終了しました。






2018/06/08

産後の腰痛

先月、予定日間近に腰痛と股関節痛で来院されたS様、

来院された3日後に女の子を出産されたと嬉しいご報告を頂きました。

今回は、股関節痛は治ったけど腰が痛くて来ましたと

産後、骨盤が正常な位置に戻らなかったようで

その上に有る腰椎~胸椎も歪んだ状態でした。

S様には先月説明済みですので早速施術開始。

全身を調整していく中で

股関節~骨盤・仙腸関節(腸骨・仙骨・恥骨)と腰椎~胸椎の

歪みの調整とその歪みを作った本当の原因部を調整し

痛みの確認をして頂くと、「まだ少し痛いです」と・・・

そこで先回と同じくリンパ、血流の調整後に再度痛みの

確認をしてもらうと、「まだ少し痛みがあります」

「もしかしてギックリ腰の経験は有りますか?」に

即答で、「はい、何度も経験しています」とS様。

何度もギックリ腰を経験するとヘルニアになりやすいので

腰椎のヘルニア部位を探し調整し、再度確認をすると

S様、「痛くない!」と、ビックリしていました。

あとは骨盤が正常になるように骨盤固定法をアドバイス

更に歪みを作った本当の原因部の改善法も指導し終了。



2018/02/08

産後の腰痛、骨盤調整、頭痛、肩こり、下肢の痛み

市内のH様、1年前にお産してから頭痛、肩こり、腰痛

下肢の痛みと骨盤を調整して欲しいと来院されました。

H様は当院のブログを見てご自分と同じ症例があったと・・・

当院に来る前に他の整体院等いろいろ回って来たようです。

私「痛みのコンビニみたいですね」に、H様は笑顔でした。

最初に、H様の体の歪み、異常部の確認をしていくと

足根骨~下腿~大腿~股関節・骨盤~脊椎~頸椎~頭蓋まで

骨盤はAS腸骨(前上方変位)とPI腸骨(後下方変位)で

骨盤が開いていましたので説明をすると

他院では骨盤は開いていないと言われたそうです。

そこで、足根骨~股関節・骨盤~脊椎~頸椎~頭蓋の歪みは

自分で改善出来ることを体験して頂くと、「!?」状態でした。

H様は医療関係にお勤めですから専門用語で解説。

「下肢の痛み」は足根骨の歪みで・・・

「腰痛」は前屈で痛いと・・・

骨盤の開き~内臓下垂~リンパ、血流が悪い~腹圧があがり

~前屈で腰椎を圧迫し痛みに・・・と、

妊娠中に前仙腸靭帯の緩みが出てインナーマッスルが

それを治そうとして拘縮し腰椎が引っ張られて腰の痛みに・・・

「肩こり、頭痛」は足根骨からの歪みの連鎖で頭蓋縫合まで・・・と

手根骨~前腕~上腕~肩~頸椎~頭蓋までの歪みの連鎖と

合体でと説明をすると真剣に聞いていました。

説明後、全身調整を手から、足から、頭蓋からと骨盤が開いて

いましたので内臓下垂の調整と内臓のリンパ・血流の調整。

更に、頭痛、肩こり、腰痛、下腿の痛みの原因部を調整。

この時点で骨盤は正常な位置に戻っていました。

H様に、痛みの再確認をして頂くと

「痛くないです!」と笑顔。

まだまだ戻りやすい状態ですので

予防=改善法をアドバイスをして終了。

H様は、次回の予約をして帰られました。


2017/12/24

産後の調整、O脚、便秘と・・・

市内のO様、31才。他の院のHPをいろいろ見たけど

ここのHPの内容が良さそうなので来ましたと・・・嬉しい言葉。

HPは私がコツコツと作って来ましたので尚更嬉しかったです。

O様、ご来院本当にありがとうございました。

問診票にO様は、

産後の整体、O脚、便秘、首の傾きが気になる程度、

右足の静脈瘤と書いていました。

早速、O様の体の歪みをチェックして診ますと

両膝の内側が狭く、骨盤は開いて左腸骨が下方変位

脊椎の中間部の歪み、左頬骨が右より上に、側頭骨のズレを

O様にも確認して頂き、これは全部O様自身が悪くしていると説明

本人が悪くしているので本人が治せることを体感して頂くと

O様、「ウソー本当に!?これだけで」と不思議がっていました。

「骨盤矯正や背骨等の矯正」は自分で出来るのですから

無駄な時間とお金は使わないようにとアドバイス。

また、骨格模型を使いO脚と首の傾きの説明。

骨盤が開いていますので内臓下垂の関係で便秘に・・・

右足の静脈瘤はそれ以上に悪くならないように予防法を指導。

まずは全身の結合組織(靭帯、腱、筋膜、骨膜、等々)の

調整から始めていくと全身の結合組織の歪みがかなり有りました。

他院ではやらない内臓機能の活性と内臓下垂の調整。

内臓下垂でリンパ・血流が悪かったので流れを良くして健康状態に。

更に、頭蓋の調整、頬骨が歪んでいるということは頭蓋の縫合のズレ

そのズレで脳脊髄膜を圧迫し脳脊髄液の流れが悪くなるので調整。

O様を伏臥、左右の側臥、仰臥と

調整していく中で痛みがすぐ取れていきますので

「なんか狐につままれているようだ」とか「何で!?」の連発でした。

便秘は様子を見て頂くことに・・・施術終了後、

O様、「何で!何で?」とまた言っていました。

新規の方には特に「不思議だ?」と言われる整体です。

最後に戻らないように骨盤の固定法や予防・改善法をアドバイス。

**************

【 不思議だと言われるのは 】

◎「筋肉の緊張、しこり、硬結」などの確認
これらは、東洋医学で言う「実証」です。
マッサージ、指圧等の、「ここ張ってますね」「凝ってますね」です。

*****************

◎虚弱筋肉、結合組織(靭帯・腱の緩み骨膜、筋膜、髄膜、隔膜等々)
免疫機能低下、内臓機能低下、リンパ流、血流の異常個所など・・・

当院では、東洋医学で言う「虚証」の部分を診て調整しています。

◎西洋医学の常識では考えられない筋肉の下部組織を調整して
様々な症状を緩和しますので「不思議だな~?」と、なるのです。

2017/11/05

産後の股関節痛、頭痛、首・肩痛、腰痛

お母様の紹介で来院された市内のY様(36才)、

1月にお産してから右股関節痛、

頭痛、首・肩痛、腰が痛くなったと・・

Y様には、右股関節痛と腰痛の関連性、

頭痛と首・肩痛の関連性と

総合的な関連性を説明してから、

足首~膝関節~股関節~骨盤~

腰椎~胸椎~頸椎~頭蓋までの

歪みを確認して頂き、

それを自分で改善出来ることを体感すると

Y様は、

「エッー!これだけで!不思議だなぁー?」と

驚きの顔をしていました。

人間の体とは不思議なものです。

正しい体の使い方をすれば筋肉が緩み

リンパ、血流が良くなります。

そして骨格が正常な位置の戻るのですから

皆さんビックリ!します。

ですから今までの悪い体の使い方=クセを

治すのは本人しか出来ないのですから

悪いクセを自分で治すのが根本改善の

早道なのを理解して頂きました。

施術としては、全身調整をし、

さらに、股関節痛~腰痛と

頭痛、首・肩痛の関連する

原因部を総合的に調整後、

再度、痛み確認をすると 

「楽になりました」と 喜んで頂きました。

あとは、症状が戻らない為のアドバイスをして終了。

Y様は、3回で改善されました。

*******************

よくお客様から

当院を勧める場合の説明をどのように話したら良いか

分からないですと言われますが、説明は難しいと思います。

■当院の施術は受けた方にしか分からないからです。

全身をすべて手技で施術していくわけですが

歪みや異常部を探す手の動きがマッサージに似ていますが

力はほとんど入れていませんソフトタッチでやっています。

でも、施術効果は

全く違いますので皆さんビックリ!しています。

施術理論を説明すると

皆さん「!?・・・・・・・?!」状態ですので

当院は最初に一番わかり易い

自分で予防=改善出来ることを体感して頂いているのです。

お客様からはよく「不思議な整体だ」と言われますので

「不思議」と言われるほどに説明が難しいのです。

「慢性的な不調、痛み」でお悩みのあなたも

不思議と言われる整体を一度受けてみませんか?





2017/09/10

産後の腰痛

20年位前から腰痛持ちでしたけど2月にお産をしてから

腰から臀部までの痛みが強くなりどうにもならなくてと・・・

来院された市内のO様、41才、動作分析が出来る

状態ではないので早速、施術しながら何故?腰痛に

なったのかを細かく説明し納得して頂きながらの調整。

結果を先にいいますと、O様は毎日通院して8回で改善。

当院の特徴の一つ、

自分で予防=改善できることをアドバイスしていますので

O様は、自分で治すという強い気持ちで私のアドバイスを

実行され当院の施術との相乗効果で改善されました。

【腰痛発生のルート】

腰痛持ちの方は現在の日本人に半数はいると思われます。

◎靴の履き方、踵部に固定がない履き方。

◎靴が脱げないように無意識で足の甲と足指を上げて履いている。

◎足指を上げて動作をするクセが習慣化し=足指の筋力低下=

足指の機能低下・退化するだけでなく、足指の付け根部(中足靱帯)に

負担を増大させ、靭帯の緩み、中足骨の低下、横アーチが消失し

足裏の重心が外寄り、踵よりに移行し、中足骨、立方骨、楔状骨、

舟状骨等で形成される縦アーチも低下します。

さらに腓骨の低下=膝関節、股関節、骨盤、腰椎へと歪みや負担が

増大し、一番負担の掛かっている部位に痛みが出て来るのです。

O様は、20年前からの腰痛が有りましたので腰に・・・

そして、妊娠で赤ちゃんがお腹に10ヶ月も居ましたので尚更です。

さらに、手から~内臓~頭蓋~等々の説明をし、悪くなる順序を逆に

調整+アドバイスの実行で改善されるのですから本人の努力も必要です。




2017/08/09

産後の体調不良

市内のN様、1月に出産してから様々な体調不良あり、

目まい、首こり、背部痛、骨盤の痛み、病院でストレートネックと

診断されたと問診票にいろいろ書いていました。

新規の方には、必ずご自身の体の歪み・異常を確認して頂き

その歪み・異常部はご自身で改善出来ることを体感してもらいます。

N様の足首~膝~骨盤~腰椎~胸椎~頸椎~上顎骨~側頭骨まで

の歪みを知って頂き、アドバイスの通りにしてもらい、その後、

足首~側頭骨までの歪みが改善されたことを確認されると

N様は、「不思議だ、こんなことで・・・」と、ビックリ!していました。

N様の歪みが問診票に書いていた症状に関連することを説明。

施術としては、

全身調整が基本ですから全身の歪み・異常部を調整、

その中で訴えている背部痛や首こり、目まいの原因部の調整、

産後は内臓全体の下垂が有り、内臓機能が低下ぎみですので、

その調整や腹部の筋肉の緩みの調整、自律神経バランスの調整。

また、お産で広めた骨盤・股関節や子宮の広がりや位置の調整を

して施術終了、N様は体をいろいろと動かして痛みの確認を

していましたが、オーッという顔から笑顔になりました。

痛み等の症状は改善されましたが

まだ戻りやすいので予防するようにアドバイスをして終了。

よく、「骨盤が歪んでいるから」とか

「背骨が歪んでいるから」

痛みや体調不良になると言いますが、

骨は勝手に歪みません、

「何故?歪むのか?」

その先の原因を調整しないと改善は有りえません。




2017/01/01

産後の腰痛、右股関節痛

市内のS様、33才、産後の腰痛と右股関節痛で先日来院。

話を聞くと、腰痛は高校から有ったけど

赤ちゃんを産んでから痛みが強くなり、

また、腰を下ろす時に右股関節が痛いと・・・

腰痛は、後屈と右側屈で痛みが出るとのことでしたので

そこでS様のある部位を調整し、後屈、側屈、腰を下ろして

頂くと、「エッ痛くない!気持ち悪い」と、ビックリしていました。

一瞬で痛みが消えたので驚いて気持ち悪いと言葉が出たようです。

冗談で「 じゃこれで終わります 」に、S様、「 エッー 」と笑顔でした。

新規の方には、膝―股関節―骨盤―腰椎―胸椎―頚椎―上顎骨

―側頭骨までの歪みは自分で悪くしたので自分で改善できることを

体験して頂くと、今度は「不思議だ、なんで?」と・・・

体で分かりますが頭で理解できないので最初は皆さん言うのです。

あとは、腰痛と右股関節痛の原因を説明しながら全身を調整。

再度、腰の痛みを確認して頂くと、後屈はOK、右側屈で違和感。

腸リンパ本幹、左右の鼠径リンパ節の流れを調整し確認するとOKでした。

まだ戻りやすい状態ですので固定法をアドバイスして終了。

S様、「 またお願いすます。」と、帰られました。




2016/09/01

産後の調整

市内のT様、5ヶ月前にお産したけど骨盤が歪んでいるようなのと

足が重だるいので診て欲しいと来院されました。

チェックしてみますと、

左膝の内側が狭く、両足の内転筋が緊張、

骨盤は開き気味で右腸骨が下方変位し

脊椎の中間が側湾ぎみ、

左頬骨は少し下がっていました。

これは自分で改善できますよ!と、

アドバイスし、T様に実行して頂くと、

T様、笑顔で 「本当だ!」と、喜んでいました。

一般的な骨格の歪みは自分で歪ませていますので

自分で改善できるのには、皆さんビックリ!します。

但し、結合組織(靭帯、腱、骨膜、筋膜、隔膜、リンパ、血流等々)の

異常、緩みの調整は皆さんには無理ですので私の仕事になります。

産後だから歪んでいるのではなく、

皆さん妊娠前から歪みが有るのです。

その歪みに、妊娠して赤ちゃんが10ヶ月もお腹に居ますので

更に、歪みが大きくなりいろいろな症状が出て来るのです。

また、T様の足が重だるいのはリンパ、血流が悪くなっているからで、

これは、お腹に10ヶ月も赤ちゃんが居たので

腸リンパ本幹―鼠径リンパ節が圧迫されて元に戻らなくなった為と、

私は診ましたのでT様に説明。

妊娠中は、股関節~骨盤が開き、同時に内蔵が圧迫され・・・

産後に骨盤が正常な位置に戻らず開いたままだと、

骨盤の上にある腰椎~胸椎~頚椎まで歪みの連鎖状態になり

股関節痛、腰痛、背部痛、肩こりなどになりやすいのです。

また、内臓が下垂し内臓機能が弱まり体の不調の原因にもなります。

お腹に10ヶ月も赤ちゃんが居ましたので、

骨盤と股関節が開く為に外股で歩く癖が付いていますので

特に、足~膝~股関節~骨盤~脊椎までの歪みの調整と

10ヶ月間、圧迫を受けた内蔵機能の活性や、子宮の位置の調整

をしたあとは、全身の異常部や歪みの調整、お産のストレス解消。

まだまだ戻りやすい状態ですから予防するようにアドバイスし終了。


*************************************************
2016/07/01

産後の腰痛、膝痛、肩の痛みと頭痛

A市のS様、(28才)、3月にお産してから腰痛、膝痛、

肩の痛み、頭痛が出て来たと紹介で来院されました。

最初に、骨格模型を使って何故?膝~腰~肩~頭痛に

なったのかを説明をしてから

実際にS様には膝~腰~肩~頭蓋までの歪みの連鎖は

自分で改善できることを体験して頂くと、「これだけで!?」

と不思議な顔をしていました。

よく、骨盤や背骨が歪んでいるのは

病気の元という広告を見かけますが、

その骨盤や背骨の歪みの原因は?と

追求しないのは何故?と、私はいつも思っています。

一般的な歪みを改善するのは非常に簡単なことなのです。

そのアドバイスを実行する方は少ないのが残念です。

また、知らない人が意外に多いのも事実です。

文で書くと専門用語で表現しないとならないので

文章が固くなり分かり辛くなりますので省略しますが、

実際に体験して頂くと、皆様 「え!これで?」と、言われます。

S様の症状の原因は共通していますので

全身を調整しながら更に納得して頂けるように説明。

全身一括調整後、痛みの再確認をして頂くと

腰が「痛いというより底が重だるいです」と・・・

こういう場合は腹部のリンパ滞留が有りますので

リンパの流れを時間をかけて調整し、再度 体を反らせたり

前屈し、重だるいのが解消されたことを確認をしアドバイスなどして終了。

もちろん、他の痛みも解消されました。

最初は戻りやすいかもしれないけど・・・

アドバイスを実行していただければ大丈夫でしょう

S様、「また来ます」と、笑顔で帰られました。

**********************************************************************

2016/06/03

産後の膝痛と腰から足までのツレ

M町のW様、35才、紹介で来院。

右膝の内側の痛みと特に後屈で右腰から足までのツレが強くなると・・

手術歴は、今年の2月に帝王切開でお産したそうです。

まずは膝痛の説明、W様に限らず今の日本人の多くは

最初に膝の内側が痛くなり易く、O脚が多いのです。

何故か?を説明し、次に腰から足までのツレの説明。

膝痛と腰から足までのツレの原因は共通していますので

W様にご理解頂けたと思います。

それと帝王切開した手術痕の縫合部の筋膜の歪みも影響していました。

日本人すべてと言っていいと思いますが、悪い体の使い方で

足根骨~足首~膝関節~股関節~骨盤~腰椎~胸椎~首~頭蓋まで

歪みが連鎖していますので、常に負担の掛かっている部位に痛みが出て

その歪みに関連する靭帯、筋膜、腱、骨膜等の異常・緩みも必ず

有りますので靭帯、筋膜、腱、骨膜等の調整は必須です。

更に、膝~腰に負担を掛けている原因部も調整。

そして、お産で広めた骨盤、股関節や子宮の広がりや位置の調整

また、腹部等の筋肉の緩みや全身の歪みの調整。

そして、足根骨~頭蓋までの歪みは自分で改善出来ることも

体験して頂くと「こんな簡単なことで!?」とビックリしていました。

一旦緩んだ靭帯の場合、再発しやすいですから

再発防止のため固定法と予防のアドバイスをして終了。





2016/05/04

産後の首痛、肩こり、左膝を曲げると痛い

お産で帰省中のK様、27才、首痛、肩こり、左膝を曲げると痛い

それと産後のケアをして欲しいと来院。

最初に、首・肩・膝痛の原因と予防、改善の仕方を説明をして

実際、K様に予防・改善の仕方を体験して頂くと

K様、「こんな簡単なことで・・・」と、ビックリ!していました。

また、産後のケアとしては、お産で広めた骨盤・股関節や

子宮の広がりや位置の調整と腹部等の筋肉の緩みや

全身の歪みの調整になることを説明し施術開始。

本当は、妊娠中も調整をしていれば良かったことも言いながら

首・肩こりの原因の一つはここからですよと施術しながら再度説明

膝を曲げると痛いのはここが原因ですよと調整をし曲げて頂くと

「痛くない」と、K様は不思議そうにしてました。

あと、婦人科系で最も大事なのは骨盤隔膜と尿生殖隔膜の歪み

なのですがやはりK様も歪みが有りましたので調整。

お産後は子宮も疲れていますので活性と位置の調整で終了。

再度、首痛、肩こり、膝を曲げる時の痛みの確認

K様、首・肩を動かし痛みの確認、更に膝を曲げての痛みの確認

をしていましたが「痛くないです」と笑顔でした。

半年位は予防するようにアドバイスをして終了。

2016/04/03

妊婦さん~産後の調整

妊娠中に左臀部の痛みで歩行困難になり来院し改善された

市内のS様、38才、先回の時、S様には下腹部の張りの解消法や逆子防止

安産になるようにアドバイスをしましたが、S様は実行され下腹部の張りは無く

安産で3月22日に無事女の子を産んだそうです、初産で2時間位で

生まれたのには医師がビックリしてましたと、ご報告をいただきました。

母子ともに元気でなによりです、本当におめでとうございます!

さて今回は、首痛で来院されましたが、

それよりも股関節、骨盤、恥骨、脊椎、頚椎の歪みが酷かったので、

仙骨と腸骨、恥骨の調整から始め脊椎~頚椎~頭蓋の調整をし

内蔵機能(子宮も含め)の活性、リンパ液、血液の流れの調整や

自律神経バランス調整、それから首痛の原因を調整してから

直接、首~肩の異常部を調整し、S様に痛みの確認すると、

首痛は無くなりましたが後頭部と首の境目が痛いですと・・・

原因部を調整すると楽になりましたとS様。

先回は、お腹の中に赤ちゃんがいましたので施術出来なかった

13年前に手術した子宮頸部高度異形成の筋膜、粘膜を調整すると

S様、柔らかくなって下腹部が楽になったと笑顔でした。

「首痛に感謝しなければいけないですね」

「このままでは産後の肥立ちが悪く苦しむことになっていたかも」に、

S様、「本当に感謝です」と、

特に、仙骨の歪みは婦人科系の内蔵に悪影響を与えますから要注意です。

因みにS様の仙骨は右下方右前方回旋変位でした

一番多い仙骨変位ですがオステオパシーのテクで簡単に矯正出来ました。

今後、2人目の事を考えると今回調整して良かったです。

半年位はアドバイスを必ず実行するように約束して終了。

2015/10/01

嬉しい報告と産後の調整

市内のK様、39才、9月9日に男の子を出産した




ご報告と産後の調整に来院されました。




K様は、赤ちゃんの出来やすい体質にして欲しいと




約1年 通院し目出度く妊娠され、男の子を出産されました。




こういう報告は何回聞いても嬉しいものです。




当院では、赤ちゃんの出来やすい体質に改善を




希望される方は最初に夫婦で来院して頂き、




流産、逆子、下腹部の張り等の予防法を




アドバイスをし必ず実行するように約束します。




実行出来ない方はお断りしています。




赤ちゃんが授かる為には本気で通院、




本気でアドバイスの実行をする方でないと無理なのです。




産後の調整としましては、




お腹に10ヶ月も赤ちゃんがいましたので




骨盤と股関節が開く為に外股で歩く癖が付いていますので




特に、足~膝~股関節~骨盤~脊椎までの歪みの調整と、




10ヶ月間、圧迫を受けた内臓機能の活性や




子宮の位置の調整をしあとは、全身の異常部や歪みの調整、




お産のストレス解消、体内二軸調整をして終了。


************************************************************
2014/10/01

産後の骨盤の歪みと肩こり

市内のI様、産後の骨盤の歪みと肩こりで来院。





数年前に左卵巣膿腫を手術、内視鏡の入れた左下腹部の





3ヶ所に手術痕があり傷内部のコロコロしたのが気になると・・・





I様ばかりではなく誰でも骨盤の歪みは有るものですが





この歪みを出しているのはご本人なのですから





誰でも自分で歪みを改善することが出来るのです。





よく骨盤矯正、背骨矯正とか聞きますが





自分で出来ることにお金を使う必要はありません。





当院では自分で改善出来る方法と予防法を指導しています。





ただ結合組織(靭帯、腱、骨膜、筋膜、隔膜、髄膜等々)の





異常の改善は一般の方には無理ですので私の仕事になります





I様にも膝ー股関節ー骨盤ー脊椎ー胸鎖関節ー頬骨ー側頭骨





までの歪みを確認して頂き自分で改善出来る方法をアドバイス





終了後に骨格の歪みが有るか再確認して頂くと、





エッ!こんな簡単なことで改善するのですか?と、ビックリ!





簡単なことですが実行してくれる方は少ないのが現状です。





あとは肩こり、手術痕の説明をしながら全身調整を開始。





施術の中で3ヶ所の手術痕の筋膜等を調整し気になるコロコロを





I様に確認をして頂くと無くなっている!とまたビックリ!





さらに肩こりも解消しスッキリしたと笑顔でした。





自分の健康は自分で守るためには





アドバイスを必ず実行してほしいものです。



2014/02/18

産後の股関節痛と・・・

此所、産後の体調不良や腰痛などの痛みを



訴えて来院する方が多くなりました。



妊娠中は赤ちゃんがお腹に10ヶ月もいますので



股関節・骨盤が開きます、同時に内臓も圧迫され・・・



お産後に骨盤が正常な位置に戻らず開いたままだと



骨盤の上にある腰椎~胸椎~頚椎まで歪みの連鎖状態になり



股関節痛・腰痛・背部痛・肩こりなどになりやすいのです。



また、内臓が下垂し内臓機能が弱まり体の不調の原因にもなります。



その中の一人、市内のO様、女性(34才)



産後の右股関節痛、右足が怠い、肩こり、左顎の痛みで来院。



右股関節は小さい頃から違和感があったが、



お産後、特に右股関節の痛み、あと肩こり、



右足が怠い、左顎の痛みが出てきたと・・・



最初に何故?そうなったかを説明をし



骨格の歪み、筋肉の緊張は自分で改善できることを



体験して頂いたところ右股関節の痛みが軽減したと不思議そうに・・



O様は、足根骨~膝関節~股関節~骨盤~



脊椎~胸鎖関節~左側頭骨まで歪みの連鎖。



その原因である結合組織(靭帯、腱、筋膜、骨膜など)は



当院の施術で改善できることを理解して貰いました。



全身調整をしていく中でO様は身体がポカポカしてきましたと笑顔



施術終了後には痛みの再確認をして頂きましたが痛みは無し。



あとは戻らない為のアドバイスをし実行して頂くことに・・・
2014/02/14

産後の重度の腰痛と背部痛

お産で帰省中のS様、(41才)、重度の腰痛と背部痛。


ゴールデンウィークまでなんとかして欲しいと20日に初来院。


昨年、12月、妊娠8ヶ月の時につまずいて転んでから腰痛に


病院へ行って湿布をもらいずうっと湿布をしていたと・・・


今年の2月に出産してから痛みが強くなり


我慢できずにネットで検索し当院のHPを見て来たそうです。


とにかく、立っていても、座っても腰に力が入らず痛みで辛そうでしたので


早速、施術を開始、ベットにうつ伏せになるのもようやくでした


施術中に10数年前に事故で左腕、右足を骨折していると話して


くれましたので全身調整の中で骨折部の骨膜、筋膜を結合組織療法で・・・


10ヶ月もお腹に赤ちゃんがいましたので股関節、骨盤の開き、


転んだ時、瞬間にお腹を庇おうと全身に力が入り結合組織への影響


脊椎、胸郭、肩・首~頭部までの歪み、靭帯、筋膜、腱等の緩みが凄く


調整に時間が掛かりこの日は時間が無くなり施術終了。


来院時の痛みが9割位解消されたと・・・帰られました。


23日に2回目の来院。


先回とは歩き方が全然違い笑顔で部屋に入って来ました。


話では、家に帰ってからは時間が経つにつれだんだん楽になり


痛みの場所が狭くなり寝返りもうてるようになったと・・・


先回と同じく全身調整をし施術後痛みの確認をすると


腰部の痛みは無くなった!と胸椎下部の一点だけが


少しだけ痛いとそこでスライド療法で解消。


まだ安静にしてくださいねとアドバイスをして終了。


25日3回目の来院。


先回とは歩き方が少し変だなと思いS様に聞いたら


調子が良くて買い物に行ったと・・・


私が言った事は頭に入って無かったのが残念でした。


安静と言う意味が分かっていなかったとは・・・


トイレ以外は横になっていて下さいということですよと、再度説明。


買い物に行き買い物袋を持って歩いてきたようで


今回は胸郭の歪みが強く腰部から背部までの痛みが強くでてましたので


その原因の部位を丁寧に調整し9割位楽になったところで今回は終了。


次回の予約をして帰られました。


アドバイスを実行してくだされば次回で完全に改善できますが


S様次第で結果が違います。




2014/01/28

産後の体調不良

某テレビ局の女子アナ K様、5年ぶりの来院。



結婚されて名前が変わってました。



昨年の11月にお産をしてから右半身が重怠く右腰が痛いと。



早速、診てみると右肩下り、と右骨盤上がりで、



背中は右へ、腰は左に軽い側湾状態でした。



赤ちゃんがお腹に10ヶ月も居るのですから、歩き方の問題で



股関節、骨盤が開き、その影響で脊椎は逆S字状に側湾に・・・



又、買い物等で右手を使い、右腕から~右肩~右広背筋、腹斜筋等に緊張



~右肩下がり、と共に、右骨盤上がり、当然、右仙腸靭帯にも負荷がかかり・・・



腰方形筋や浮肋骨間の内・外肋骨も緊張し・・・



そして、猛暑で冷たい飲み物をがぶ飲みしたそうで、お腹はガチガチ状態、



内臓から~腹筋群~背中へ、肩へ、腰へと波及・・・



右腰痛は内臓からの影響が大でした。



施術を進めて行くとだんだん身体が楽になって行くのが分かったみたいで



身体が軽くなってきた、痛みが消えてきたと不思議な顔。



育児のストレスも有り、ストレスクリーニング時には気持ち良さそうに眠ってました。



施術終了後は、身体が若くなったみたいと喜んで頂きました。



この方は、職業がらか施術中に、今 何をどうしてるんですか?



と質問攻め、好奇心が旺盛で、理解力も有り説明をしてて楽しかったですね。

2014/01/24

産後の腰痛、股関節痛

昨日、私のHP,ブログを見て、O市のS様、40才、女性。


出産後体調の回復が思わしくなく、


また、右腰痛、左股関節痛を訴えて来院されました。


仙腸関節や恥骨結合の戻りが悪く、骨盤、股関節が開きぎみと、


骨盤隔膜、尿生殖隔膜に異常が診られました。


そこで、簡易足底板を貼り足踏みを1分間、その後で確認すると


痛みが和らいで本人ビックリしてました。


ここから何故?悪くなったのかを説明しながら全身調整


終了後、再確認するとSiさん、今までいろんな整体、鍼灸に行っても


楽にはならなかったのに1回でこんなに改善するとは思っていなかったと。


戻らない為のアドバイスとサラシ骨盤巻きを教えて終了しました。


帰り際に、ブログ&HPに書いているのは本当だねと、笑顔で帰られました。


この”骨盤隔膜”、”尿生殖隔膜”まで目が行く治療家は少ないでしょうか。


東洋医学的に言う虚症ですから誰にでも検出できるものではありません。


女性では、不妊症、流産癖、生理痛、逆子、子宮筋腫、性交痛・・・などなどや、


男性では、前立腺肥大、性的障害などなど・・・


これらの人を診ますと、ほとんどの方に”尿生殖隔膜”に異常が認められます。


痔疾患などでは、”骨盤隔膜”に異常が認められます。