FC2ブログ
2015/11/01

目まい、左足の足底~指先までのシビレ

忘れた頃に来院される市内のK様、男性、今回は目まいと


左足底から指先までのシビレで来院されました。


3年前に病院で検査をして異常なしと言われても目まいが


治らず当院に通院され改善したのですが予防のアドバイス


を実行されていませんでしたので再発されたのです。


また、今年の2月にアキレス腱の手術をされたそうですので


それを庇って歩くので足底~指先までのシビレが出たのです。


アキレス腱にしても以前、今の悪い体の使い方を自分で


改善しない限りアキレス腱が危ないですよと注意をして


いたのですがこれもアドバイスを守らないので・・・・・


K様も原因は分かっていますので大人しく私の話を聞いてました。


目まいの原因はハッキリ分かってますので原因部を調整


足底~指先までのシビレの原因は全身の歪み・異常部を


調整してからアキレス腱の手術痕の筋膜・骨膜の調整と


仙骨~後頭骨の歪み・異常部の調整で9割楽になった


ところで靭帯テーピングをして終了。


K様は忙しい方ですのでまた時間を作って来ますと帰られました。


こういう方こそ定期的なメンテンナンスな必要なのです。


******************************************************
スポンサーサイト



2014/02/16

目まい

市内のK様、男性(33才)、目まい。



この方は、昨年の1月にも目まいを訴えて紹介で来院



されて改善されましたが、今回も目まいが酷いと来院。



今年になってからまた目まいがし、病院で検査をしても異常なし、



と言われたが目まいは治らず当院を思い出して来たそうです。



病院での検査はCTやMRIが主ですが検出できないのが



「結合組織」なのです、これが原因の方は異常なしと言われるのです。



昨年の来院時に目まいの予防法をアドバイスしていたのですが



実行をしていなかっようです。



K様の目まいの原因を説明しながら施術開始。



手の背側~手根骨~前腕~肩~首~頭蓋へ



足からも足根骨~下腿~膝~骨盤~脊椎~肩~首~頭蓋と歪みの連鎖。



側頭骨のズレと頚椎のズレの為にその下の髄膜が歪み



髄液の流れが悪くなり目まいになるのです。



勿論、全身調整の中では内耳、頚椎の調整もしますので



異常部は改善されて正常な状態に戻ります。



施術終了後に再確認、楽になりました!と



K様に今度は目まいの予防法を理解して頂いたと思います。



アドバイスを実行すると約束をして帰られましたがさて・・・
2014/02/13

目まい

「目まい」をなんとかして欲しいと



紹介で来院された、三種町のT様、男性(71才)。



2年位前から目まいが有り、病院で医師からは



目まいの原因は、耳から、首から脳からと有ると言われ



各専門の病院で検査をしても異常なし、でも目まいが・・・



自覚症状は起き上がる時と首を左右に回すとグラ~と目まいがし



治まるまで座り込むことが多いとのことでした。



病院での検査はCTやMRIが主ですが検出できないのが



「結合組織」なのです、これが原因の方は異常なしと言われるのです。



T様は手を多く使う仕事ですので、説明をしながら施術開始。



手の背側~手根骨~前腕~肩~首~頭蓋へ



足からも足根骨~下腿~膝~骨盤~脊椎~肩~首~頭蓋と歪みの連鎖。



頭蓋骨の側頭骨のズレの為にその下の髄膜が歪み目まいになるのです。



勿論、全身調整の中では内耳、頚椎の調整もしますので



異常部は改善されて正常な状態に戻ります。



施術後、再確認をして頂くと左右に回しても目まいは無し



起き上がった時は少しだけ前頭部分がモヮ~とする言うので



髄膜の調整、再度起き上がって頂くと解消されていました。



アドバイスをして終了。



帰り際に先生の理論が正しいと思いますと不思議そうにして帰られました。
2014/02/08

目まい

市内の女性、K様、43才、この方は、昨年の11月に



首・肩痛、背中の痛みで来院されていましたが



私のアドバイスを実行していなかったようです。



今回は、頭を左右に動かすと目まいがすると暗い表情で来院。



早速、膝、骨盤、胸鎖関節、頭蓋の鱗状縫合までの歪み、痛みを



K様に確認して頂き、アドバイス通りに動いて頂いている途中に



K様が不思議な顔をして目まいが治った!と・・・



私、冗談に「じゃーこれで止めますか?」(笑)



K様、真顔で「せっかく来たので施術をやって下さい!」と。



二人で笑いながら施術開始。



昨年来院されていますので基本的な説明は省いて



何故?鱗状縫合までの歪み・痛みが有るのかを



説明をしながら施術、靭帯と筋肉と自律神経の関係



筋肉の連結と骨格の歪みの関係などと結合組織を



理解して頂き施術終了後は笑顔に変わっていました。



そして自分で改善出来るグッズを買われて帰られました。



当院は、



あと何回通院しなさいとは言いません。(特別な症状を除く)



経済的、時間的な問題も有りますので、



クライアント様の気持ちに任せています。



前にも書きましたが、悪くするも、良くするも本人次第なのですから



クライアント様が自分で改善、予防出来るアドバイスをしています。



2014/02/02

目まい

最近、目まい、立ちくらみで来院される男性が多くなりました。



22日に来院されたT様もその一人。



仕事で朝からずうっとパソコンを使っているとのこと。



手の使いすぎから来る、手根骨、前腕骨間の靭帯の緩みが原因で



肩、首、頭部に歪みが波及し縫合部、内頭蓋底、耳孔内まで・・・



手からの異常部を解消し、全身の歪みを調整後に



目まいの確認をすると恐る恐る頭を動かしていましたが



目まいは解消されていました。



戻らないようにアドバイスをして終了。



*********************



施術としては



手(手根骨、前腕)~肩~首~



頚椎~後頭部付け根~縫合部(人字、鱗状縫合など)、



眼窩~頬骨~歯茎~顎関節などの・・



足(足根骨、下腿骨間)~膝~股関節~骨盤~脊椎・・・



靭帯・筋膜・骨膜などの異常を解消していきます。

2014/02/01

目まい、耳鳴り

昨年の12月17日に紹介で来院された八峰町のS様、男性、55才。



自覚症状は、目まい(目が回る)と左の耳鳴り



横を向いた時(寝返り時)に目まいが発症するという



左耳鳴りはいつも有る、3週間前に転んでからなったと・・



病院の検査では異常なしと言われたが目まいと左耳鳴りは治らず。



仕事でパソコンを常に使用しているとのことでしたので



前腕部を軽く締めて首を横に回して貰うと少しだけ目が回ると・・・



普段の手の使い方で首から頭部の筋膜等が余裕の無い状態だったに



転んだ瞬間に全身に力が入り負担の大きかった肩・首、頭部の筋膜等が



更に拘縮し、頭蓋の縫合部が歪みその下の髄膜(硬膜)まで影響し



目まいと耳鳴りが発症したと診ました。



そこで、ベッドに腰掛けてもらい、



首周り、肩周りの筋肉の状態を確かめてみると、



触っただけでも飛び上がるほど



膝の歪みなどは・・さほどではない。



そこで、前腕骨間や、中手骨靭帯を診て見ると・・開き切っている。



緊張している首周りの筋肉の状態を、S様にもわかるように触ったまま



前腕骨間を締めると・・筋肉の緊張が取れていく事を実感してもらいました。



そこで、解説・説明しながら・・納得してもらい。



施術開始・・・ 体位を変えながら、丁寧に、何度と、



手の先から・・首、肩、背中、胸・・頭骨縫合部などに沿って・・



結合組織(靭帯をはじめとする、筋膜、骨膜、腱などなど)の



異常を検出しながら調整を進めた。



首を動かしても、目まいが起きないこと、



左耳鳴りが無いことを確かめ、



その後のアドバイスをして終了した。



そして



昨日、2回目の来院時に左の耳鳴りは無くなったが、



目まいが少し有るので調整して貰いたいのでと・・・



全身調整後に確かめると目まいは無くなっていましたので



更に、アドバイスの実行を約束して終了。




2014/01/29

目まい、立ちくらみ

Y様、62歳、女性が紹介されて来院。



自覚症状は、目まいと、立ちくらみ



疲れた時や、気候変動のある時、横を向いた時に発症するという



何十年も前から始まったそうで・・・



病院では“自律神経失調”とか、“更年期障害”と言われているとのこと。



動作診断から入ると・・前屈でも背屈でも・・首を全く曲げないので



「首からお辞儀して行って・・」というと、「怖くて出来ない」との返事



そこで、ベッドに腰掛けてもらい、



首周り、肩周りの筋肉の状態を確かめてみると、触っただけでも飛び上がるほど



膝の歪みなどは・・さほどではない。



そこで、前腕骨間や、中手骨靭帯を診て見ると・・開き切っている。



そこで、緊張している首周りの筋肉の状態を、Yさんにもわかるように触ったまま



前腕骨間を締めると・・筋肉の緊張が取れていく事を実感してもらい。



骨間を私の手で締めたまま・・前屈、後屈するように言うと



「何十年も動かさなかったから・・」と・・恐る恐る・・動かしてみた彼女



「んん?」という顔で・・「何ともない!」と驚嘆していた。



そこで、丁寧に説明しながら・・納得してもらい。


仰臥位から・・施術開始。



次に、伏臥位(うつ伏せ)になるように言うと・・「怖い・・」という。



うつ伏せになるとメマイが起きて・・何十年もうつ伏せになっていないそうだ。



そこで、「もう大丈夫ですよ」と、促して・・・大丈夫だった。



以上、体位を変えながら、丁寧に、丁寧に、何度と、



手の先から・・首、肩、背中、胸・・頭骨縫合部などに沿って・・



結合組織(靭帯をはじめとする、筋膜、骨膜、腱などなど)の異常を



徒手確認して、異常を検出しながら「結合組織療法」を進めた。



何十年ぶりに・・首を動かしても、メマイが起きないことを確かめ



その後のアドバイスをして終了した。

2013/08/09

目 ま い

市内のK様、男性(33才)、目まい。




この方は、昨年の1月にも目まいを訴えて紹介で来院




されて改善されましたが、今回も目まいが酷いと来院。




今年になってからまた目まいがし、病院で検査をしても異常なし、




と言われたが目まいは治らず当院を思い出して来たそうです。




病院での検査はCTやMRIが主ですが検出できないのが




「結合組織」なのです、これが原因の方は異常なしと言われるのです。




昨年の来院時に目まいの予防法をアドバイスしていたのですが




実行をしていなかっようです。




K様の目まいの原因を説明しながら施術開始。




手の背側~手根骨~前腕~肩~首~頭蓋へ




足からも足根骨~下腿~膝~骨盤~脊椎~肩~首~頭蓋と歪みの連鎖。




側頭骨のズレと頚椎のズレの為にその下の髄膜が歪み




髄液の流れが悪くなり目まいになるのです。




勿論、全身調整の中では内耳、頚椎の調整もしますので




異常部は改善されて正常な状態に戻ります。




施術終了後に再確認、楽になりました!と




K様に今度は目まいの予防法を理解して頂いたと思います。




アドバイスを実行すると約束をして帰られましたがさて・・・