FC2ブログ
2013/08/28

左鼠径部痛、下腹部痛、脇腹痛

秋田市のA様、男性(49才)、2年前から左鼠径部、下腹部、脇腹痛



運動時、酷い時は歩行時でも痛むと来院。



いろいろな検査をしても異常なしと言われるが



痛みは解消されず病院でもお手上げ状態で困ったと・・・



現在、前立腺との診断で2週間に1度泌尿器科に



通院しているが効果なし、痛みが出ると2~3日続くの



で仕事に影響するので悩んでいるとのこと。



手術歴は、平成7年、事故により右頬骨部骨折形整手術。



A様は、毎週1回通院し現在で10回目です。



今は痛みが出ても一晩寝て起きると痛みが無くなる程度



まで改善されています、仕事でも長時間立っても座っても痛みが



出なくなったと、また痛みが出ても短時間で収まるとご報告いただきました。



検査で検出出来ないのが「結合組織」の異常です。



靭帯、腱、筋膜、骨膜、隔膜、髄膜等々の歪みが原因だと



検査では分からないのですから慢性の症状になるのです。



A様も骨盤隔膜、尿生殖隔膜、腹膜、骨膜の歪みが強く



改善までは時間が掛かります、ご本人もそれを理解し



完治するまでは通院すると本気モードでした。



A様のように本気で完治するまで通院するという方は少数です。



皆さん、少し良くなると来なくなり、



更に症状を悪化させて再来院する方が殆どです。



もっとご自分の身体を大切に考えて頂きたいものです。



でも、中には病状が改善された方でも



2~3ヶ月に1度予防と調整に来られる方もおられます。
スポンサーサイト