FC2ブログ
2016/06/18

腰部脊柱管狭窄症と右股関節痛

市内のS様、男性(67才)腰椎狭窄症と右股関節痛で来院。

2年半位前に歩くと右臀部から大腿部までシビレが出て休みながらでないと

歩けなくなり整形外科へ行ったら腰部椎脊柱管狭窄症と診断され

医者からは「これは治らない」と言われたそうです。

我慢をしていたら今度は右股関節も痛み出し、車の乗り降り時に開くと痛いと

困っていた時に知人から紹介されての来院でした。

主訴は、少し歩くと右臀部から大腿部までシビレが出て辛く、

車の乗り降りで右股関節を開くと痛いということでした。

今まで整形外科、整骨、整体といろいろ回って来たようです。

病院では腰椎4,5番の間と言われたようですが、

私にはそれ以上に腰仙関節と腰椎3,4番の間も気になりました。

更に、S様はこの体でテニスを週2回位やっているとの事でしたので

狭窄の部分が上に広がっていると診ました。。

前屈ではなんとも無いのですが、後屈と右側屈でシビレが強くなると・・・

典型的な腰部脊柱管狭窄症です。

右側の腰椎がお腹側で大腰筋の緊張によって引っ張られて

腰椎間が狭くなり脊髄神経が圧迫されているようです。

改めて何故、腰部脊柱管狭窄症になるのか?と

足指の関係、足裏の腱との関係、前仙腸関節靭帯との関係

インナーマッスルという言葉を知っていましたので、

特に大腰筋と腰椎の関係を理解できるように説明

毎日の悪い歩き方で、足裏の重心が外寄り・後ろ寄り、

足裏の腱へ負荷が掛かり内転筋の緊張へ

また、腓骨の低下・下腿骨間の開き~外側側副靭帯の緩み~

外側広筋・臀筋などの緊張~骨盤を広げ仙腸関節靭帯などの異常

~腰筋群の緊張。

また内側では、前仙腸関節靭帯の異常~大腰筋、腸腰筋の緊張~

前仙腸関節靭帯はいろいろな原因で緩みますので

腹部の深い所に有るインナーマッスル(大腰筋等)が緊張状態になって

腹部の方から腰椎を前に引っ張ってしまうのです。

痛いのは後ろの腰側ですが、原因は前の腹部側に有ります。

その腹部側が緊張する原因はまた別に有るのです。

腰部脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、後屈時の腰痛、、

仰向けで寝れない等々すべてそうです。

全身調整後に再確認をして頂くと腰から大腿部までのシビレは無く

股関節も痛くないと不思議な顔をして苦笑いをしていました。

S様には、まだ完全に改善したわけでは無いので

少しでもシビレが出た場合は来院するように

それまではアドバイスを必ず実行してくださいと言って終了。


スポンサーサイト



2014/09/07

右腰から足首までの痛み

当院のHPを見て市内のM様、女性(51才)、5月頃から






右腰から脚のスネや足首までが痛いと来院。






問診票には5年前、子宮筋腫の手術をしていると・・






まずは何故?そうなったのかを説明し施術を開始。






最初に子宮筋腫の手術痕の筋膜の歪みを調整し






その歪みの連鎖の腹部。脚部の調整し痛み、違和感が






無くなったのを確認し、足根骨から調整、






足根骨~腓骨・脛骨(下腿骨間)~膝関節~






股関節~骨盤を中心に靭帯、筋膜、骨膜、






腱・・・の異常を検出しながら調整。






また手からの調整






手の指の腱~前腕骨間膜~肘関節~肩関節~首周りの






筋膜異常 (胸鎖乳突筋膜:斜角筋膜など)~骨膜~






頭骨縫合・・(筋膜・腱・骨膜連鎖)側頭骨の鱗状縫合部






にはかなりの異常が出ていましたので調整。






施術後、アドバイスなどして終わった。






最初は戻りやすいかもしれないが・・






アドバイスを実行していただければ大丈夫でしょう!

2014/02/01

膝から下が冷たい、臀部から足首までの痛み

昨日、お孫さんの紹介で来院された三種町のI 様ご夫妻



ご主人88才は、



右膝から下がいつも冷たい、右膝裏の痛み、内臓の不調。



奥様83才は、



歩く時に力を入れると右臀部から足首外側の痛み、膝痛、腰痛、便秘。



孫に、ここは良いから行ってみろと言われたそうです。



そのお孫さん男性、32才は、



紹介で先月の中頃に目まいを訴えて来院されていました。



お母さんに聞くと目まいの症状は無くなり、



予防の為に月1回位通院すると言っていたと。



さて本題に戻りますが、



奥様は、O脚、腰は後ろへ上半身は前に猫背気味、



顎が上向きと典型的な足裏重心が後ろ外側パターンでした。



何故?悪くなったのかを説明しながら施術を開始、



原因である部位を教えながら原因を改善し確認して頂くと



んっ?痛くない、足に力を入れても痛くない!と喜んで下さいました。



ご主人の方も原因部位は奥様同じなので原因を改善すると



体全体、右膝下がポカポカしてきたと笑顔。



ご主人の内臓の不調は施術後に内臓の硬さ、



お腹全体の不快感等の確認をして頂くと、柔らかく、軽くなったと



こちらも喜んで頂きました。



奥様の便秘も家に着いた頃に解消したと思います。



どのような病状でも全身調整をすると、



ほとんどの方は、1回の施術で変化、効果を実感されます。



痛み、歪みは結果ですので、



いくら施術や湿布等をしても治りません、



その先の原因を改善しないと楽にはならないのです。