FC2ブログ
2019/05/08

体調不良と尿もれ

4月25日に1年ぶりで来院された市内のK様、女性(67)。

体が重怠くやる気がでないのと尿もれもあると来院されました。

体が重怠いのは、

自律神経のバランスの崩れで内臓機能低下しその影響で

ホルモンバランスや免疫機能低下に・・・

尿もれは、

直接の原因は骨盤隔膜・尿生殖隔膜の歪みと膀胱機能低下

骨盤の歪みで内蔵下垂になっており最下部の膀胱が圧迫され・・・

体が重怠いのと尿もれの本当の原因は共通しています。

それらを説明し納得して頂いたところで施術開始。

全身調整の中で特に内蔵を機能活性法でやっていくと

内蔵が硬くリンパ・血液が滞留してましたので活性法で調整。

K様、「体がポカポカしてきました」と喜んでくださいました。

あとは骨盤隔膜・尿生殖隔膜の調整後に共通の原因部を調整。

施術終了後にK様「体が軽くなった」と笑顔でした。

尿もれの方は様子をみていただくことにして1回目は終了。

5月5日、2回目の来院。

入室そうそう K様 「今のところ尿もれはないです」と

1回目同様の施術をして終了。

どちらも完治した訳ではないので

必ず予防=改善法を実行するようにとお送りしました。


スポンサーサイト



2018/09/20

尿もれ、夜中のトイレと・・・

最近、50才以上の女性で尿もれと夜中に数回トイレに

行くのでよく眠れないと訴えて来る方が多いです。

その中の1人、

秋田市のA様、57才、尿もれと夜中に4~5回トイレに行くので

眠れなく不眠状態で辛いと問診票には書いていましたが、

何故?そうなったのか説明をしていると、

A様、実は20代から痔疾も有るのでそちらもお願いしますと・・・

尿もれ、夜中のトイレ、痔疾の原因は同じで同時に施術しますので

安心してくださいの言葉にホッとした表情になっていました。

結果から言いますと、

尿もれと夜中のトイレは5回で改善され喜んで頂きました。

でもまだ戻りやすい状態ですので予防=改善法をアドバイス。

痔疾の方は、20代からと期間が長いので5回で7・8割位まで

楽になったとA様、気長に通院しますと笑顔でした。

悪い体の使い方で

股関節・骨盤が開き、内臓下垂で下腹部に有る膀胱や直腸などが

圧迫されリンパ・血流が悪く機能低下に、同時に骨盤隔膜や

尿生殖隔膜の歪みが尿道まで連鎖して尿もれに・・・

夜中のトイレは、骨盤隔膜・尿生殖隔膜の歪みと内臓下垂の

影響で膀胱機能低下、腎臓と尿管も下垂し頻尿に・・・

また、痔疾は、骨盤隔膜・尿生殖隔膜の歪みで

直腸・肛門も歪みリンパ・血流が悪くなり・・・・・

施術としては、

手から足から頭蓋・顔面からと内臓下垂調整と内臓機能活性、

骨盤隔膜・尿生殖隔膜の調整とそれらの原因部の調整と全身を施術します。


◆人には言えない症状でもありますのでご相談頂ければ・・・。

******************

2013/12/04

尿 も れ

人にも言えない問題として、悩みを持つ人も多いようです。
下の問題として持ち込む方はほとんど皆無ですが
腰痛施術に見えられた中にも・・・
弱そうだな!と思われる方も結構いらっしゃいます。

そう言う方の場合・・
ほとんど、骨盤隔膜、尿・生殖隔膜にも異常が出ていますし、
女性の場合は、仙骨子宮靱帯などの箇所にも異常を、確認できます。

症状・病名に関わらず、
異常を確認したら,すべて結合組織を施術していますが・・・。

当整体院では、直接的には
骨盤隔膜、尿・生殖隔膜及び、
仙骨子宮靱帯などを結合組織療法にて施術しています。

これらに異常が見られる人のほとんどに、
内転筋群に異常が見られさらに、
この内転筋に緊張が見られる方の場合は・・・足底筋~腱
特に、足の親指側の腱に異常が検出されます。

******************

この尿・生殖隔膜に異常が見られる人には
男性ですと・・前立腺などに問題が発生しやすいし

女性では、尿もれ、尿失禁だけでなく、子宮脱、性器脱、生理問題
性交痛、子宮筋腫等々、夫婦関係にも異常が起こりやすくなる。

また、不妊の方の場合も、ほとんどで異常が見られます。
骨盤隔膜異常では・・男女共に、痔疾などになりやすいようです。