FC2ブログ
2020/03/07

腰の左が痛い

年に数回来院されている市内のS様、女性(50才)

今回は4日前から急に左腰が痛みそのうちに治ると

思っていたけどなかなか治らないので痛みを取ってと来院。

早速、動作分析

立位での

後屈と右側屈では痛みは無し、前屈と左側屈で痛い

座位でも立位と同じ状態でしたので

ヘルニアか?、リンパ・血流が悪く腹圧が上がり腰痛に?

と診まして

ヘルニアの調整とリンパ・血流の調整をして

前屈と左側屈をして頂くと

「楽になったけど今度は左下腹部の中が痛いです」と、S様。

大腰筋・腸骨筋の歪みか?

内閉鎖筋の歪み?と考え調整

S様、「まだ少し痛みがあります」と

そこで骨盤隔膜・尿生殖隔膜の調整し

再度痛みの確認

S様、「アッ!痛くないです!」と不思議な顔をしてました。

あとは、全身の歪み・異常部を調整し終了。

痛みが消えても完治したわけではないので

必ず予防=改善法を実行するように約束。

実行するしないは本人次第ですが・・・さて?




*******
スポンサーサイト



2018/10/04

腹圧による腰痛

今年は暑かったせいか特にスポーツをやっている中・高校生の

腹圧による腰痛が多く、その一人、北秋田市のM様、

女性(13才)お母様に連れられて来院されました。

整形外科に行き検査で「異常なし」でも痛いので当院へ。

動作分析では、

前屈と右側屈で右腰に痛み、後屈と左側屈では

痛みはナシ、すぐに腹圧が上がっての腰痛と診ました。

今夏の暑さで熱中症にならないように水分を取るように

指導されて冷たい飲み物を飲みすぎて内臓が冷たくなり

リンパや血流が悪くなり滞留し腹圧が上がり、

骨盤内の前仙腸靭帯が緩み、それを治そうと

インナーマッスルが緊張し腰椎が歪み腰痛になるのです。

施術としては、

全身の歪みを調整し、全身のリンパ・血液の流れを良くしてから

内臓機能の調整、予想通りすべて内臓が

リンパ、血流が滞留していますので硬くなっていました。

まずは消化器官の胃から小腸~大腸と調整していくと

小腸が一番硬いので時間をかけて調整、内臓の調整が全て終了後、

次に、腸リンパ本管や左右の鼠径リンパの流れを調整後に

M様に、前屈と右側屈をして頂き 痛みの確認をすると

「痛くない!」と、不思議そうにお母様の顔を見ていました。

皆さん、暑いとシャワーで済ませて

浴槽に入りお腹(内臓)を温めない方が多いですが

暑い夏こそお腹(内臓)を温めて欲しいですね!

夏バテ防止にもなりますので・・・



******************
2018/01/09

転んでから右腰~右大腿外側部の痛みと・・・

定期的に通院されている秋田市のN様、女性、

今回はいつもより早めの来院でしたので話を聞いてみると、

歩道を歩いていたら右足が滑り同時に左膝と

右手を着いて転んでしまったと・・・

転んでから右腰から右大腿外側の痛みと

左膝上部の突っ張り感と

右手首~前腕部までの痛みで来院されました。

診ていきますと、

右手首~前腕部は捻挫状態。

腰部は、転ぶ時、右に腰を捻ったようで

腰椎右側変位になり右腰部~大腿外側の痛みに・・・

左膝上部の突っ張り感は、

膝をついた時に膝の外側半月板の少しズレと

四頭筋の停止部が歪み拘縮し四頭筋まで影響したようです。

全身調整後に、再度

腰椎の調整、膝に関わる靭帯、筋膜、腱、骨膜と

外側半月板の調整、手首から前腕の靭帯、骨膜等の調整し

N様に、痛みの確認をして頂くと「痛くない」と笑顔でした。

完全に改善した訳ではないことを説明して

症状が戻らない為の予防法をアドバイスして終了。


2017/12/01

腰痛と右股関節の痛み

2年ぶりに来院された市内のT様、女性(42才)。

今回も腰痛とプラス右股関節の痛みで・・・

2年前にアドバイスしたのを実行していませんでした。

「 朝起きる時 」 「 椅子から立ち上がる時 」

「 前屈みの状態での 」痛みと、「 右股関節を開くと痛い 」

車の乗り降り時と椅子から立つ時に・・・

前より悪化していますので

再度アドバイスし理解?して頂きました。

「アドバイス」=「自分で改善出来る」方法です。

あまりに簡単に出来るので最初の方は実行しないのですが

「症状が悪化」すると

皆さん再来院し実行される方が多いのが現状です。

T様の腰痛の原因は前仙腸靭帯の緩みですが、

前仙腸靭帯が緩む1つの原因は腹圧の問題も・・・

そして、緩ませる本当の原因は別に有るのです。

全身を調整しながら説明。

前仙腸靭帯の緩みを治そうとして

インナーマッスルが緊張していますので

インナーマッスルを緊張させている原因部を調整すると

T様は、「 アッ!緩んだ 」と、実感されました。

股関節痛の直接の原因はインナーマッスルにも・・・

その時点で右股関節痛は解消され不思議そうに

全身の歪み、異常部を調整することで

全身の歪み、異常の連鎖が改善され

本当に悪い部分だけが残りますので

その部分を調整することで本当に改善されるのですが

T様の場合、2年という月日がたっていますので

歪みが強く完治までは至りませんでした。

T様も納得され次回の予約をされて帰られました。

次回まで予防固定するようにアドバイス。




2017/07/09

右腰痛と左膝痛

A市のK様、女性、カイロに行ってから腰と膝が痛くなったと来院。

腰は、椅子から立ち上がる時と朝布団から起き上がる時に痛むと

膝は、歩く時に痛みが出ますとK様、話を聞いていくと、

A市内のカイロに腰痛で行ったのですが腰は以前より痛みが強くなり、

膝も悪いと矯正されてから歩く時に膝に痛みが出るようになったと・・・

医療機関や整骨院に行っても改善しなかったのでネットで検索し当院へ。

動体検査では、

腰は後屈と左右の側屈での右側に痛み、

私の診方、前仙腸靭帯の緩み、ヘルニアとリンパの滞留、

膝は触診で、外側の半月板のズレ、

腰も膝もかなり無理な矯正をしたようです。

何故?痛くない膝の矯正をしたのか疑問ですが、

もっと丁寧に問診、触診をし、

何故?腰痛になったかを説明し、

その予防=改善法をアドバイスしてから施術するべきでしたね。

その説明や予防=改善法のアドバイスしていく中で

お客様とのコミュニケーションがスムーズにいき

安心感、信頼関係が構築される大事なこと

ですから当院では必ず実行しています。

施術は、全身調整の中で、腰は、前仙腸靭帯、

ヘルニアと腹部~鼠径部周りのリンパ流の調整。

膝は、外側の半月板の調整後、

K様に、痛みの確認をして頂くと笑顔で「痛くない」

「ここに来て良かった」と、喜んで頂きました。

まだ完治した訳ではないので予防=改善法を

必ず実行するようにと終了しました。

***********************

一般の整体、カイロ、マッサージに行って痛みが増したと

来院される方が最近増えています。

また、針やブロック注射で神経鞘に傷つき痛いと来る方も。

2017/06/01

後屈、左右の側屈での腰痛

最近、市外、県外の整体院の先生からの紹介で

来院される方が増えています、有り難く思っています。

今回は、秋田市内の整体院の先生の紹介で

F町のK様、女性、重い物を持った瞬間に腰に痛みが走り、

腰が痛くて仰向けに寝られないのと、

後屈と左右の側屈で腰に痛み出るのでなんとかして欲しいと来院。

「数日後に予定が有るので早く治して欲しいんですが・・・」と、

K様の状態を診ますとヘルニア?と考え

「前にギックリ腰の経験は有りますか?」に、

K様が「何回かありますけど・・・」と、

ギックリ腰を2回以上経験の有る方は

ヘルニアの調整をした方が早く腰の痛みを改善できますので

「じゃ先にヘルニアの調整をしてから全身を調整しますので」

5分位、ヘルニア部の調整をしてから

K様に仰向けに寝て頂くと、

「アッ!痛くない!仰向けに寝れる!」と、笑顔でした。

あとは、全身を調整しながら何故?ヘルニアになったのか説明。

また、内臓のリンパ、血流も悪く内臓機能低下状態でした。

内臓機能低下も腰痛の原因になりますので予防の説明。

痔疾の有る方は尾骨部に痛みが有りますので

K様に聞くと、「有ります」とのことでしたので調整。

全身を調整後に、腰の痛みの確認をして頂くと

「痛くない!」と、また笑顔でした。

戻りやすい状態なので予防=改善法をアドバイスをして終了。

主人も腰が悪いので一緒に来ますと、予約をして帰られました。



2017/03/10

前屈での腰痛

早急に治して欲しいので午前の空き時間は有りますか?と、

丁度11時が空いていましたので予約を受付し、どちらから

お越しですか?に、これから秋田市から行きますので・・・

話を聞くと、息子が部活で明日から遠征?(聴き逃しました)に

行くので早く治して欲しいのですと・・・

秋田市のF様、男性(17才)、お母様と一緒に来院。

動作分析では、立位での前屈で腰が痛い、後屈、左右の側屈では

痛みは無し、ベットに腰掛けての前屈では痛みはなし、原因は足から

そこで、F様の体を使って何故?腰痛になったのかを説明。

更に、骨格模型での説明をし理解して頂きました。

前屈での腰痛の原因は大きく分けて2つ有ります。

1つは、45度位までで痛みが出るのは手から・・・

2つ目は、45度以上で痛みが出るのは足から・・・

F様の場合、さらに前仙腸靭帯の緩み、腸リンパ本幹~鼠径部の

リンパの滞留が有りましたので全身を調整するの中で解消。

施術終了後に、立位、座位で再確認をして頂くとOKでした。

お母様に

何故?当院を選んで来院されたのかを聞くと

HPを見て症状が戻らない為の予防=改善法と書いていたのが

決めてでしたと、嬉しい言葉をいただきました。

その予防=改善法をしっかりお母様とF様にアドバイス。

今までの例では、

アドバイスを実行するとパワーアップにもなるので

部活で活躍できますよ!の言葉にF様は笑顔でした。

あとは、靴の正しい履き方を指導して終了。



2017/01/18

腹圧による腰痛

最近、女性の方で腹圧による腰痛で来院される方が多いです。

前屈時で腰に痛みが出て物を取る時や靴下を履く時など辛いと

一般的に、前屈で腰に痛みが出る場合は

45度以前で痛みが出る場合の原因は、手から~

45度以上で痛みが出る場合の原因は、足から~と診ていますが、

45度以上で痛みが出る方を調整しても痛みが有る場合

腹圧による腰痛ですので原因を調整すると改善されます。

何故、腹圧が高くなるのか?

足指機能低下~足裏の腱~内転筋~大腰筋~腹部に緊張

~前仙腸靭帯の緩み~骨盤が開く~内臓下垂~内臓の圧迫で

リンパ・血流・体液の滞留で腹圧が高くなり・・・

余裕の無い状態の腰側の筋肉に更に負荷をかけているからです。

また、手からお腹に行く場合も有り、薬の副作用などが原因の場合も有ります。

もう一つは、精神的ストレスで交感神経が緊張し筋肉を緊張させます。

内臓も平滑筋という筋肉ですから緊張するとリンパ・血流の

滞留になり腹圧が高くなりますので・・・腰痛の原因に。

上記のように腹圧が高くなり腰痛になるのもいろいろ原因が有ります。

兎に角、当院では・・・どのような症状の方が来ても

全身の筋膜、腱、靭帯、骨膜、髄膜、粘膜、リンパ・血流、髄液流・・

免疫機能低下、内臓機能低下、蓄積薬害・・・等々の異常を調整後、

再確認し、そして戻らない為のアドバイスをしているだけです。

症状=結果、に対して解熱消炎剤をはじめとして、薬によって対処療法

ばかり繰り返していると、薬の副作用で・・・難病化すると思われます。

また、腎臓機能低下による腎性腰痛の方も多いですが

全身の調整後、腎機能を活性法で集中させると改善できます。

腰痛と一口に言っても、いろいろな原因が有りますので

施術に対する考え方、診方も時代と共に変えていかないと・・・



2017/01/15

右肘痛と左腰痛

市内のN様、女性(50代)左の腰痛と右肘痛で1年ぶりに来院。

先回は、頭痛、首痛、肩こりで通院され3回で改善されましたが

アドバイスを実行されていなかったようです。

肘痛に限らず、頭痛、首痛、肩こり、腱鞘炎なども同じ原因で

有ることが多いのですが、筋緊張が上方の頭蓋骨でなく、

下方へ波及して・・・背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛にまで

及ぶ場合も有りますが、N様の場合、常に負担の掛かっている

腰にまで波及して腰痛になったようです。

まずは、腰痛、肘痛の原因部の結合組織(靭帯、腱、骨膜等)

の調整後、右の肘関節の腱や前腕の靭帯、支帯の異常を

中心に施術すると、最初、伸ばす時に痛かったのが

今度は、肘を曲げると痛いと・・・

肘を曲げる時に伸ばされる筋肉に拘縮はないか?と

上腕部の三頭筋を見ましたが異常なし、

前腕部の尺骨、橈骨部を診ますと、手首と肘の中間部の

尺側手根屈筋部に異常が有りましたので、集中施術すると

少し違和感が有りますと・・・施術時間も有りますので

今度は、左腰痛の調整へ、前屈と左側屈で痛みが出るので

リンパの流れ、前仙腸靭帯の緩み、下腿部~足根骨の調整と

靭帯テープでこちらも違和感が少しと言うことですので

施術終了し、症状が戻らないようにアドバイス。

N様、次回の予約をして帰られました。

自覚症状の有る部位が原因個所とは限りません。

肘痛の原因個所が膝部に有ったりしますから・・・


2016/08/01

夏場に多い前屈での腰痛

M町のH様、女性(40才)、前屈すると腰が痛いと来院。

動作分析では、

前屈と左側屈で腰に痛み、あとの動作で痛みは無し

原因は、すぐに分かりました。

夏場に多い腰痛の一つで、

ギックリ腰の一歩手前の腰痛です。

毎年、今頃から9月末頃まで

ギックリ腰と同じく多い腰痛の一つです。

暑くなると冷たい物を飲みますから

内臓が冷えてリンパ液、血液の

流れが悪くなり滞留し腹圧が上がり・・・

また、エアコン等で体の外側が冷え

筋肉が拘縮し内蔵にも悪影響を及ぼします。

前屈すると更に腹圧が上がり

腰椎を圧迫しますので腰痛に・・・

腹圧が上がると同時に前仙腸関節靭帯が緩み、

それを治そうと

インナーマッスルが拘縮し腰椎が引っ張られ腰痛に・・・

これらが合併し前屈での腰痛になるのです。

この状態が強くなりチョットした動作でギックリ腰に

ギックリ腰の原因はまだ他に有りますが今回は省略。

原因等の説明をしながら全身調整し、

H様に、前屈・左側屈をして頂き

再度、痛みの確認をすると

腰に痛みは無いが重だるさが有りますと・・・

重だるさが出るのは、まだリンパ、血液の流れが悪い

証拠ですので時間を掛けて流し更に確認して頂くとOKでした。

暑さはまだまだ続きますので

冷たい物を飲むなとは言いませんが

お風呂に入ったら必ずお腹(内蔵)を

温めて血行を良くするようにアドバイスをして終了。

このブログを読んでくださっている皆様もご注意ください!




2016/04/11

リンパ滞留の腰痛

紹介でO市のM様、女性(45才)、腰痛で来院。

問診では、前屈、後屈では痛みは無く、

左右の側屈で腰の左側が痛い、、

それと、朝、布団から起きる時にも痛いと・・・

側屈で痛いのは、ヘルニアかリンパの滞留があると痛みます。

また、朝起きる時に腰が痛いのは

前仙腸関節靭帯の緩みが有るからで

「寝腰」と言い回復に時間が掛かる腰痛です。

結果から言いますと、

M様は2回で改善されましたが、

まだまだ戻りやすい状態ですので

戻らないようにアドバイスをしましたが

実行するしないは本人次第ですから・・・

動体分析では、

側屈での痛みはリンパの滞留でしたので、

リンパ滞留と前仙腸関節靭帯の緩みの関係とその原因の説明。

その後、全身を調整し、再度確認をするとOKでした。

2016/03/12

腰痛と右膝痛

有り難いことに最近、能代市外、秋田県外のカイロ、整体院の

先生からの紹介で来院される方が増えてきました。

紹介してくださった先生方本当にありがとうございました!感謝!。

その中の1人、M県のS市のA整体院の先生の紹介で来院された、

K市のT様、男性(54才)腰痛と右膝痛で正座が出来ないので診て欲しいと・・・

腰痛は後屈で痛み、前屈、左右の側屈では痛みは無し、右膝は90度以上

曲がりますので、私の診立てとしては、膝の症状は中程度、施術は1~3回かなと・・

最初にT様には、筋肉の拘縮、骨格の歪みは自分で改善できることを説明、

体験して頂くと、T様は「凄く説得力が有りますね!」と、理解して頂きました。

全身調整の中で腰痛の原因である部分から調整し、腰椎を引っ張っている

腹部のインナーマッスルである大腰筋、腸骨筋をジックリ調整し、腰の痛みを

再確認して頂くと、T様、「痛くないです!?」と、ビックリしていました。

そして、右膝痛の原因部を調整し、内と外の軟骨(半月板)の歪みを取り、

膝関節、脛腓関節の調整をしてから正座をして頂くと、T様、怖怖にゆっくりと

正座をし、ンッ!という顔をされアー大丈夫ですと笑顔。

T様、またお願いします。と帰られました。

戻らないためのアドバイスを実行するしないは本人ですが、さて?
2016/01/12

腰 痛 ( 仙 骨 痛 )

当院のHPを見て来院された、市内のM様、女性。

新規の方には必ず骨盤~腰椎~脊椎~頚椎~側頭骨までの

歪みは自分で改善できることを体験して頂くと皆さんこんな簡単な

ことで改善できるなんてとビックリします、M様もそのとおりでした。

動作分析では、前屈で仙骨部に痛みが出る、後屈、左側屈ではなし、

右側屈では仙骨部が少し痛いと・・・

診立てとしては、側屈で痛みが出るとのことでしたので、

一つの原因としてはリンパ、血流の問題と胸郭の歪み、

もう一つの原因部は手根骨~前腕骨間膜の異常からと

あと、足根骨~下腿骨間膜の異常で仙骨痛が出ると考え

全身を施術していくと仙骨~尾骨部で異常に痛がりますので

痔疾が有るのかな?とも思いましたが、M様に尾骨部を

転んで打ったことが有りますか?と聞くと

数年前にスケートを滑って転んで打ったことが有りますと・・・

そこで仙骨と尾骨部の骨膜と骨髄の調整を加えて施術し

胸郭の一括矯正、足~大腿の一括矯正、手~上腕の一括矯正

免疫機能、自律神経バランスの調整、内臓機能活性法、

ストレスクリーニング法、体内二軸調整法で施術終了。

再度、痛みの出る姿勢をして頂くとほんの少しだけですと

言いますので仙骨~尾骨部の骨膜、骨髄を調整し

痛みの確認をすると楽になりましたと不思議な顔をしてました。

あとは、戻らないためのアドバイスをし、

実行して頂ければ大丈夫でしょうと終了しました。


2016/01/09

腰痛と胃の不調

1年に数回来院される市内のS様、女性。

今回は、腰の奥の鈍痛と胃の調子が悪いと8ケ月ぶりの来院。

普段は仕事をしてる合間に孫を抱っこしたりしていると嬉しそうに・・

動作分析では、前屈、後屈、左右の側屈では鈍痛はなし。

診ると、前傾姿勢で立ち右肩が少しですが下がってましたので

最初に、股間節―仙骨―腸骨―脊椎―頚椎まで一括矯正し、

脊髄機能や自律神経を活性し同時に髄膜(髄液)も調整。

それから腰の奥の鈍痛は胃の不調も含め内臓機能低下と

リンパ、血流が悪いと診ましたのでそれらを説明をし施術開始。

全身を調整して行く中で右肩下がりの原因の一つである肋椎関節と

前面の肋軟骨の歪みを調整し、各内臓の下垂とリンパ、血流の調整

内臓機能活性法ですべての内臓を調整し、胸郭の一括矯正、

体内二軸調整で施術終了し、腰の奥の鈍痛を確認して頂くと

まだ鈍痛がありますと・・・んっ!?忘れていました(汗;)

鼠径リンパ節―腸リンパ本幹―左リンパ本幹へ流すのを

慌てずにゆっくり流し、再度、確認をして頂くとOKでした。

まだ、戻りやすい状態ですから予防をするようにと・・・

胃の調子は大丈夫だと思いますが様子を見て頂くことにして終了。
2015/12/25

右手のシビレと腰痛

定期的に通院されるM町のI様、女性。

今回は、右手のシビレと腰痛でみえられました。

I様に限らず手のシビレで多くの方が来院されますが

原因の一つに枕が結構関係していますのでご注意を!

CM等で00枕と謳って販売していますが洗脳されすぎです。

問題は枕の高さなのです、よく高い方が好きなのでと言う方

ほど手のシビレを訴えて来院されるのです。

毎日の睡眠時間は大体6~8時間位ですので枕の高さ

がある程 頚椎下部が歪み正中神経、橈骨神経、尺骨神経が

圧迫されてシビレが出ますのでご自分に合った高さの枕を

購入することをお勧めいたします。

因みに私はバスタオルを四つ折りにし(高さ5センチ以下)

30年前から使用しています汚れたら直ぐに洗えますし、

夏に汗をかいた時はすぐ拭けますので便利です。

ぜひ皆様もバスタオル枕を一度お試しください。

本題に戻ります。

I様の右手のシビレは頚椎下部の調整で直ぐにOKでした。

一ヶ月前に買ったばかりなのに・・・値段が高いのに・・・

手がシビレルなんてとI様は残念そうに・・・・

腰痛の方は全身調整でOKでした。

世に出ている健康グッズのCMにあまり洗脳されない

ようにし、冷静になって考えてから購入して欲しいものです。

2015/11/13

腰痛と倦怠感

定期的に通院されてるM町のI様、女性。

腰痛と倦怠感を訴えられて来院。

風邪を引いてから腰が痛くなり体が怠いのでなんとかして欲しいと・・・

そこで、気になったことなど聞いてみますと、職場でイヤな咳をする

人がいて感染したようでしばらく咳が続いたようです。

咳で胸郭を歪めたのが腰痛の原因と診ました。

今回の腰痛は、咳→胸郭の歪み→腰痛と・・・

風邪をひき咳がしばらく続くと腰痛になる方は結構多いのです。

そこで、改めて胸椎や、肋骨(胸郭)を診て調整してから

全身の靭帯・腱・筋膜・骨膜などの異常を中心に全身一括療法で調整。

そして、倦怠感のほうはまだ風邪が治りきっていないので

免疫力がアップするように免疫活性法をジックリと時間をかけて

I様、体が楽になりポカポカしてきましたと笑顔でした。

腰の痛みを確認をすると症状が少し残りますので

再度、確認をしてみますと・・・

浮肋骨まで影響を受けていましたので調整、数秒でOK

I様、またお願いしますと帰られました。

******************************************************
2015/09/13

腰  痛  ( 2 題 )

■市内のK様、女性(47才)、腰痛で靴下が履けないと2年7ヶ月ぶりの来院。




 動作分析では、前屈で痛い、左右の側屈と後屈では痛くないと・・・




■M町のT様、男性(36才)、黙っていても腰が痛く歩く時に右足が




 上手く出せないと、9ヶ月ぶりに来院。




黙っていても腰が痛いのは内臓反射痛です。




お二人には共通点が有ります。




この夏の暑さで冷たい物を飲み内臓が冷えて血流やリンパ流が




悪くなり腹圧が上がり、前仙腸靭帯に緩みと異常が出ると




それを治そうとして必ず、腰のインナーマッスルが緊張します。




そうすると、K様のように前屈で腰に痛みが出て




靴下を履けない状態になるのです。




また、内蔵が冷えると内蔵機能が低下し、Y様のように




黙っていても腰が痛み、腰のインナーマッスルが緊張して




いますので足を上手く出せなくなるのです。




お二方の施術は、




全身調整をしながら特に内臓機能の活性と




リンパ、血流の流れを良くして腹圧を下げてOKでした。




今は、夏の疲れが出やすくなっていますから




冷たいものをあまり飲まないようにして、お腹を冷やさ




ないようにして・・などとアドバイスをして終了しました。




■夏の疲れが出る頃ですので・・・皆さんもお気を付け下さい!


*******************************
2015/08/22

腰 痛 と 膝 痛

忘れた頃に来院される市内のW様、女性(72才)




いつも決まって、歩くと膝と腰が痛いですと・・・・・




いくら言ってもアドバイスを実行せず治してもらうと




いう考えが強いので何ともならない方です。




悪い体の使い方を治すのは本人しか出来ないのですが・・・




当院へ来るまでは整形外科、整骨院、指圧等などに




通うのですがなかなか良くならず痛みに我慢が




出来なくなると来院するというパターンの方です。




アドバイスは至って簡単な靭帯テーピングを貼るだけで




予防は出来るのですが実行するのは本人次第ですから・・・




この方には何度もアドバイスをしていますので早速、施術開始。




まずは、膝痛~腰痛の原因部から調整していくと




「アッー、足から腰が楽になった!良かった!」と・・・




この方の、膝~腰痛の原因部はもう一つ有りますので




全身を調整しながらその原因部をジックリ時間を掛けて調整すると




今度は「 体が楽になって来た! 有り難いです!」と




何度も耳にした言葉が返ってきます。




施術終了後、W様にいろいろな所に治療に行く




お金と時間が有ったら最低でも3ヶ月に1度でいいから




当院にメンテンナンスに来ると痛みで悩まされなく




金銭的にも安上がりになりますよ!と、アドバイス。




W様、「はい、分かりました」と、返事は良いのですが、さて?



****************************************************



病気・不調の原因は、



その人の“息・食・動・想・環”における生活習慣の中にあるとは、



操体法の創始者:故・橋本敬三先生の言葉ですが、



“動”における生活習慣が土台となって、



その上に“息・食・想・環”の生活習慣が影響を及ぼすものと・・診ています。



すべての“病気・不調”にとって



まずは“動”における生活習慣で作られた異常から改善した方が



早く施術効果が望めます。(施術+アドバイスの実行の相乗効果)



家に帰ってまた同じような悪い姿勢や、悪い体の



使い方をしていたのではどんなに素晴らしい施術、



治療を受けても元に戻ってしまいます。


************************************************
2015/07/18

黙っていても腰が痛い

肩こり、目まいが改善されたI様(女性、53才)の紹介で




M町のM様、(女性、31才)黙っていても腰が痛いと来院。




話を聞いていくと1年はならないけどその頃から




座っても、立っても痛い、前屈すると痛みが強くなり




後屈、左右の側屈では痛まないと・・・




どこに行っても良くならないので来たそうです。




黙っていても痛いのは内臓反射痛かな?と考えたのですが




M様が4年前に帝王切開しているとのことでしたので




手術痕の縫合部の歪み、癒着と下腹部のリンパの




滞留で前屈すると痛みが出ると診てそのことを説明。




施術前に、




足首~膝~股関節~骨盤~脊椎~胸鎖関節~




頚椎~側頭骨までの歪みは自分で改善できる事を体験




して頂くとM様はエッー不思議だとビックリしてました。




当院、独自の技術で全身を施術して行く中で




特に手術痕の縫合部の歪みと癒着の連鎖部を調整し




腸リンパ、左右の腰リンパの流れも良くなるように調整。




施術終了後に痛みの確認をすると、




M様、「オッー痛くない」と 笑顔でした。




M様も先日のH様(女性)と同じく腹部のリンパ・血流が悪化し




腹部の内圧が上がってましたので腰が痛むのです。




また、腹圧に加えて縫合部の歪みや癒着も広範囲に




有りましたので特に前屈での痛みが強くなるのです。




M様、またお願いしますと帰られました。




******************************************


『 整体 』というと、


整形外科系の疾患だけを対象にすると


思っている方々が多いですが


当整体院では体の不調・痛み、


女性特有の悩みなど様々な症状に対応してます。


どこに行っても良くならない方は一度ご相談ください。


*****************************************



2015/07/15

腹圧による腰痛

紹介で来院された市内のH様、(女性、36才)




愛犬を抱っこしょうとしたら腰に痛みが出たと・・・




軽いギックリ腰だと思いますがと、自己診断。




動作分析では前屈で痛い、後屈、左右側屈では痛くない。




ギックリ腰だと皆さん少し前かがみになって来て




後屈が出来ないのですがH様は普通に歩いて来て




前屈で痛みが出ますので腹圧が上がっての腰痛と診ました。




少し腹部を調整すると前より楽になりましたと・・H様。




何故?腹圧が上がっているのかを説明。




悪い体の使い方で骨盤が開き、内臓下垂になり




腹部のリンパ・血流が悪化し、腹部内圧があがると




更に、骨盤を押し広げる力が加わるので前仙腸靭帯が緩み、




腰部神経叢が緊張して腸腰筋が緊張状態になり




ますます、リンパ・血流を悪化させるのです。




また、大腰筋・腸骨筋の緊張で腰椎が前方に




引っ張られますので前屈がしづらくなるのです。




全身の調整後に再度、痛みの確認するとH様




痛みでは無く重苦しい感じが少し有りますけどと




血液は流れるのが早いですがリンパは流れるのに




時間が掛かる為に少しですがそういう感覚が残ると説明し




再度、リンパの流れの調整をジックリと時間を掛けて




再度、確認すると楽になりました!と・・・不思議そうに




一旦緩んだ靭帯の場合、再発しやすいですから




再発防止のため固定法と予防のアドバイスをして終了。



2015/02/22

腰痛もいろいろ

「  腰の痛みもいろいろ 」


●前屈で痛みが出る。


●後屈で痛みが出る。


●左右の側屈で痛みが出る。


●椅子から立ち上がる時に痛みが出る。


●朝、布団から起きる時に痛みが出る。


●歩行時に痛みが出る。


●椎間板ヘルニアによる痛み。


●リンパ、血流の悪い時にも痛みが出ます。


●複合的な痛み。


腰痛の原因としては腰のインナーマッスル大腰筋の緊張があります。


その大腰筋の緊張は、前仙腸靭帯の異常によって引き起こされます。


そして、その先の原因には、内転筋群の緊張があり、


その先の原因には足裏の腱への負荷異常が共通しています。



大腰筋異常は、立つと楽だが、座ると痛む。


起立筋異常は、腰掛けは楽だが立つと痛む。


腰方形筋異常と腸骨異常は、前屈、後屈、立つ時、座る時に痛む。


第1腰椎は、朝起きる時に痛む人です。


第2腰椎は、クシャミした時に痛む人です、消化器、暴飲暴食、下痢に関係します。


第3腰椎は、泌尿器の腎、膀胱由来のものでトイレも近い人です。


第4腰椎は、生殖器で子宮、卵巣異常に関係あり、しゃがむと痛い人です。


第5腰椎は、足の痛み、シビレに関係します。呼吸器で喘息の人もここです。


ちなみに階段を降りる時に痛む人は左右運動の第2腰椎です。


階段を昇る時に痛む人は前後運動の第5腰椎です。





「 腰痛の原因もいろいろ 」


足指を使わない、使えない・・・


足指の機能低下⇒足裏の腱(特に第1、第2趾の腱)への負荷


⇒内転筋群の緊張


外から・・足裏の重心の外側~後ろ側への移動⇒外側側副靭帯などの異常


⇒外側広筋・腸脛靭帯~殿筋群などの緊張⇒仙腸関節の歪み=仙腸靭帯の


異常⇒腸腰筋群(大腰筋など)の緊張⇒腰椎が前方に引っ張られる=


腰痛・分離症・すべり症などに・・・(この場合、後屈時腰痛となる)



当院では、前仙腸靭帯の直接施術を行いますが、


その結果、大腰筋の緊張は解消され、後屈時の腰痛も解消されます。


勿論、その先の原因も調整していきます。




手の悪い使い方や使い過ぎにより・・・


手掌腱・靭帯への負荷⇒前腕骨間の開き⇒腕神経叢(交感神経)の緊張⇒


骨格筋の緊張・拡大波及⇒肩・首痛、又は、腰痛に・・・


内臓機能低下からの腰痛もあります。



普段の生活の中で悪い体の使い方が、CTやMRIなどで検出できない


結合組織の歪み、異常を作り出していろいろな障害が出てくるのです。


◆当院では、自分で予防、改善出来る方法を指導しています。


2015/02/12

腰 痛 ( 仰向けに寝ると腰が痛い )

市内のS様、男性(60才)腰痛で来院。




話を聞いていくと




仰向けに寝ると腰が痛くて眠れないのと後屈でも痛いとの事。




うつ伏せもした事がなかったようですが




なってみると出来るというので、腹臥位から施術開始。




首から~脊椎~腰椎~仙腸関節~大腿~下腿~足裏と、異常だらけ




お腹から腰の骨を引っ張っているみたいですね




これじゃ、膝か股関節も痛かったんのでは?の問には




はい、少し右の股関節が痛いですと・・・




今度は側臥位で内転筋を診ると、かなりの緊張状態あり




この緊張がお腹に入って腰を引っ張っていますよ




これが緊張する原因は・・足指を使ってないから、




足裏の腱に負担が掛かるからですからね、と言いながら




結合組織の異常を確認すると・・かなり痛がります。




足裏の腱を調整すると痛みのあった内転筋の緊張も




解消され不思議そうに痛くないですと。




次に、前仙腸靭帯や、腸骨筋膜~腱の異常を 調整。




大腰筋・小腰筋などお腹まで、左右じっくり集中施術したところで・・




これで仰向けになれるでしょう!?と、言うと




恐る、恐る仰向けに・・ああ!なれます!と。




さらに、仰臥位で、




股関節の軟骨異常、膝関節の半月板異常などを調整し解消。




頭部・・頚椎椎間にもかなりの異常でした。




最後に、全身一括調整後、痛みの再確認




身体を起こしてみると、お腹側をかなり伸ばせるようになりましたが、




さらに伸ばすと、まだ痛みが走るようでしたから、




再び、仰臥位になって・・腰部の椎間部を調整すると




身体を反らせてもほとんど痛みが出なくなったことを確認して終了でした。




まだ、戻りやすい状態ですのでアドバイスを必ず実行するようにと・・・



2015/01/27

腰 痛

「 痛み」 と一口に言っても、



打ち身・捻挫のように、痛い所=その部位に炎症があって痛い場合。



他の所から、牽引されて、動くと痛い「 痛み 」



内蔵反射的に、黙っていても痛いような感じのする「 放射痛 」



中には「 ガン 」 からくる「 痛み 」だって有ります。



特に内蔵の病気による痛みと神経痛・筋肉痛を



区別しなければなりませんが、リンパ、血流の悪い場合も



「 痛み 」として出る場合が有ります。



市内のH様、男性(37才)左臀部から大腿部までの突っ張り感と



痛みを訴えて奥様と二人で来院されました。



今まで、鍼灸、指圧、整体、接骨院などに行ったけど改善しなかったので



奥様がネットで検索、いろいろなHPを見たけど一番 信頼性が



あったので来たと、嬉しい言葉を頂きました。



HPは私が一人でコツコツと作ったものですから尚更有難かったです。



新規の方には必ず体験して頂く、筋肉の緊張、骨格の歪みは自分で



改善出来ることをアドバイス通りにして頂きチェックすると



H様と奥様はエッ!本当に?と不思議な顔をしていました。



動作分析では前屈すると突っ張り感と痛み



また、椅子に座ると突っ張り感と痛みが出ると・・・



私の診たてとしては、



椅子に座って黙っていても突っ張り感、痛みが出るということは



内臓反射痛かリンパ、血流が悪くて痛みが出ていると・・・



H様には、何故?



内蔵機能低下やリンパ、血流が悪くなったのかを説明をし施術開始。



全身を調整して行く中で内臓機能低下、リンパ、血流の悪くなった



原因部の結合組織を丁寧に施術、あとは腰痛と関係のある



内臓機能低下の調整、特に腎臓部辺りが固くなっていましたので



調整、そして左右の鼠径部のリンパ節~腰リンパ節~腸リンパ本幹~



腋窩リンパ節~左右のリンパ本幹への流れの調整。



そばで見ていた奥様が



お父さんの顔、ほんのり赤くなって来た血行が良くなったんだね!



私、そうです。



血液、リンパ、体液、内分泌液、神経の流れが良くなったのですよ、と。



あと、腰痛はストレスからとも言いますのでストレスを解消し終了。



H様、頭がスッキリ、体が軽くなりました!と、笑顔でした。



戻らない為のアドバイスを必ず実行すると帰られました。




2014/10/16

慢性の腰痛と肩こり

紹介で来院されたM様、60代、男性。




叔父様の葬儀にお母様の代理として東京から来能。




慢性の腰痛、肩こり特に腰痛が我慢できず来院。




早速、問診、動診し原因を追求、手から・・・足から・・・




前屈、左側屈では痛みは無し、右側屈で痛みあり




後屈では少し後ろに反るだけで痛いと・・・




地元東京でいろいろな整体院、カイロ等に通院したけれど




骨盤が歪んでいるとか、腰椎が歪んで痛みが出ていると




説明をされたけど一向に改善しなかったので諦めていたと




何故?骨盤や腰椎が歪むのか骨格模型を使い説明




M様、こういう説明は初めて聞いたと・・・




足首~膝~股関節~骨盤~腰椎~胸椎~頚椎~




側頭骨~頭蓋までの骨格の歪みは自分で改善出来る




ことを体験して頂くと今までの施術と理論は何なんだろう?




と首を傾げてました。




歪み、痛みのある部位は結果ですからいくら施術しても




改善しないのですからM様は辛かったと思います。




M様のような症状は大きく分けてヘルニアかリンパの流れの




滞留かどちらかになりますので最初にヘルニアのチェック、




異常なしあとはリンパの流れの悪いのが原因ですのでさらに




その先の原因から調整し、全身を調整し終了。




立って頂き右側屈と後屈をして痛みの確認をすると




痛くないとビックリ!更に肩こりも解消されていました。




明日、東京に帰ると言うので症状が戻らない為の簡単で




効果の有るアドバイスをし必ず実行するように約束。




能代に来ることがあればまた必ず来ますと帰られました。




**************************

慢性の腰痛、膝痛、肩こりなどの原因はその部位にはなく

別に有りますのでいくら施術や湿布などをしても改善しないのです。

「骨は勝手に歪みませんし筋肉も勝手に拘縮しません」

その原因は別にあるのです。



2014/06/20

腰痛、肩こり、背部痛

紹介で来院された市内のK様、女性(38才)



腰痛、肩こり、背部痛



肩こりは若い時からで、どこに行っても改善しないと・・・



腰痛は数年前に医師から軽度のヘルニアと診断されたそうです。



介護の仕事をしてから背部もかなり前から強いハリと痛み。



最初に肩こり、背部痛の原因を説明をし



原因部を軽く抑えると楽になると不思議?そうに



腰痛(ヘルニア)の原因は骨格模型を使用して説明。



そして、新規の方には必ず筋肉の緊張と骨格の歪みは



自分で改善できることを体験して頂くと



K様ここでも不思議?そうに



こんな簡単なことで改善できるとは、と・・・



ここから施術開始、



最初に伏臥でヘルニアの調整をし



背部~腰~臀部~大腿~下腿~足根骨~趾までの調整後、



左右の側臥になって頂き内蔵の調整、リンパ、神経、血流の調整、



K様、お腹が軽く楽になったと、なんで~とまた不思議?そうに



仰臥になって頂き手~胸部~腹部~大腿~下腿~足根骨の調整後



肩~首~顔面~頭蓋の縫合の調整と同時にストレス解消で終了。



再度、痛みの確認をすると、



前屈で腰部に違和感が有ると言うので調整し解消。



胸郭部の肋骨の1,2番に違和感有りでしたので



胸郭の一括調整で解消しました。



その場で痛みが解消されていきますから



K様、エッーなんで~!不思議?だなぁ~と・・・



最初から最後まで不思議の連発でした。


2014/02/14

立っても座っても寝てても腰が痛い

立っても、座っても、寝ても腰が痛いと紹介で奥様と一緒に来院された



市内のG様、男性(64才)、10日前にギックリ腰になり、無理をして



仕事を続けたら腰が痛くてどうにもならなくて知人からの奨めで来院。



こんな症状の方は初めてですが動作確認で原因を探っていくと



足根骨~下腿~膝~股関節~腰



手根骨~前腕~肘~肩~腰



内臓からの反射痛(特に尿管の位置の問題)



以前事故で骨折した手、足の骨膜の異常と診て施術開始。



まずは足から靭帯、腱、骨膜、リンパ液、血流の調整。



手からも同じく結合組織と液流の調整。



内臓機能の活性(内臓は全体に血流が悪く硬くなってました。)



首~顔面~頭蓋(縫合部の歪み)まで調整。



ストレスクリーニング、体内二軸調整で終了。



再確認をして頂くと、座っても、寝ても痛みは無し



立つと左鼠径部に違和感が有ると言うので



液流療法で解消、この日はここで終了。



次の日に来院



症状を聞くと、右仙腸関節部と右腸骨稜に痛みが少しと・・



最初に、右仙腸関節の調整、右腸骨稜の痛みの原因部の調整。



痛みが解消されてから全身調整を



この日は内臓の活性を時間を掛けてじっくりと調整。



終了後には、立っても、座っても、寝ても痛み、違和感は無し。



G様は根本改善を望んでおり日を空けてあと1~3回通院されるとの



ことでしたので戻らない為のアドバイスをして終了。



G様のように根本改善を考えて来院される方は非常に少ないのです。



少し良くなると来なくなり症状をこじらして前よりも悪化してから



来院されると言う方々が多い中、G様は非常に健康に気を使われて



いるのがハッキリ分かりました。素晴らしいことです。



「悪くするのも本人!治すのも本人!」の説明を理解して頂き嬉しい限りです。

2014/02/13

腰痛と痛風

北秋田市のA様、女性(70才)、主訴は腰痛と痛風。


病院の湿布や薬を飲んでもあまり効果がないと・・・紹介で来院。


この方は、自営業で今も現役で頑張っているそうです。


腰痛の方は、


動作確認では前屈で痛み、後屈、左右の側屈では無し、


A様の場合、腰仙関節に異常が有ると診てその原因を調整。


痛風は、左足親指の痛み。


内臓機能の低下、特に腎臓、すい臓、肝臓の活性と


その先の原因を調整、痛みが解消されたのところで全身調整。


結構体を使う仕事ですので


手から、手の背側~手根骨~前腕~肩~背部~腰


足から、足根骨~下腿~膝~骨盤~腰へ歪みの連鎖。


それと内臓機能低下に関係する


大腰筋、腸骨筋、腹直筋、腹横筋、腹斜筋、等の拘縮の原因を調整。


再度確認すると、腰痛、痛風の痛みは無し!OKでした。


A様、「1回でこんなに楽になるとは思っていなかったと・・・」


普段の生活の中での悪い癖を治すようにアドバイスをして終了。


念の為、痛風はあと2~3回通院して頂けると完全に改善できます。


************************************************


前にも書きましたが、「症状の根本原因」は


クライアント様の毎日の生活習慣の中にありますので


日常生活での悪い身体の使い方、食の問題等などの


毎日の生活の中で体に染み付いた悪い癖を改善し


良い癖が定着させることが根本改善の早道です。


家に帰ってまた同じような悪い姿勢、悪い体の使い方をすると、


どんなに素晴らしい施術や治療を受けても元に戻ってしまいます。


我々整体師は症状は改善できますが、


根本原因は本人でないと治せないのです。


これが


どんなに医学が進歩しても「慢性症状」を改善できない理由なのです。


2014/02/10

腰 痛 (仙骨痛)

市内のF様、男性48才、昨年の9月に腰痛で来院されていますが



この方もアドバイスを守らなかったようで・・・



前屈での痛みと椅子から立ち上がる時に腰が痛いと



本日、骨盤にバンドを巻いて来院されました。



仕事柄、朝からずうっとパソコンを使用している方なので



予防のアドバイスをしていたのですが・・・



皆さん、実行していると言いますが、



体は正直なものでちゃんと教えてくれます。



実行している方々は異常部が少ないのです。



F様は、パソコンで手の使い過ぎから・・・



手根間、前腕骨間の靭帯の緩みが原因で



手(手根骨)~前腕~肩~背中~腰



手(手根骨)~前腕~胸筋~腹部~



歩き方の問題で



足根骨の低下(当然足首部での捻じれ等の歪み)



腓骨の低下や、膝関節の歪み、特に、外側側副靱帯などの緩み



股関節部の靭帯異常・・・



それらの靭帯異常から~外側広筋等の緊張・・臀部筋群の緊張



・・仙腸関節部で外に引っ張られる力が働き・・・



・・仙腸靭帯が緩み、骨盤が広がり・・・



・・仙腸関節部の骨膜に負荷がかかって腰痛に、と説明をし全身調整



ストレス、内臓下垂も影響してましたので解消、体内二軸調整で終了。



施術後は楽になったと笑顔で帰られました。



2014/02/07

内臓機能低下からの腰痛

市内のF様、47才、男性、昨年の1月に頚椎ヘルニアを手術。



今年の、6月に、腰痛、左膝痛で紹介で来院された方です。



先日、黙っていても腰が痛いと来院。



数年前に腎臓結石をしているので病院で検査~異常なし、



と言われ整形外科に行って検査~異常なし、



痛み止めと湿布を貰って来たが一向に痛みは無くならないので



当院を思い出して来たようです。



動作を診ると、前屈、後屈、両側屈は痛くてできないと・・・



黙っていても痛みが有る場合は内臓からの反射痛・・・



話を聞いて行くと、今年のこの暑さで冷たいのをかなり飲み、



エアコンもバンバンかけて仕事をしていたようです。



体の内から外からと冷やした結果の腰痛です。



説明をしながら施術開始



冷たいのを飲み内臓が冷やされ、エアコンで体幹が冷やされ



その結果大腰筋などの筋緊張から内臓機能低下をお越し、



腹部のリンパ・血流が悪化し、腹部の内圧を上げ、



骨盤を押し広げることに・・・その結果の腰痛でした。



強いギックリ腰の症状と似ていますので間違いやすいですね。



決めては黙っていても痛いのが内臓からの反射痛です。



施術後は、反省しきりで帰られました。
2014/02/06

背中の痛みと腰痛

大仙市のS様、女性、81才、背中の痛みと腰痛、紹介で来院。



10数年前に大腸の手術をしているとの事でした。



腰痛の方に共通するのは



足根骨の低下、足首部での捻れや歪み、



腓骨の低下や膝関節の歪み等



股関節部の靭帯異常・・・など



それらの靭帯異常から外側広筋などの緊張・・臀部筋の緊張の結果



仙腸靭帯が緩み、骨盤が広がり骨盤の上にある腰椎の歪み、



また、仙腸関節部の骨膜に負荷がかかって腰痛の原因に・・・



手の使い過ぎから・・・



手根間、前腕骨間の靭帯の緩みが原因で、腕~肩~背中痛に。



手術痕の筋膜の歪みが腰部、背部へと波及・・・・



説明をしながら施術をしていくと



だんだん体が楽になって、ポカポカしてきたと笑顔。



そして、S様、草取りをしない日は痛くないと・・・



ご本人が痛みの原因を分かっていましたので



予防のアドバイスをし必ず実行するように約束



終了後は、体が軽くなった、手のガサつきが無くなった



元気が出てきたと喜んでくださいました。



夕方、娘さんからお礼の電話があり、



こんな元気な母を見たのは10数年ぶりです!と



悪くなくとも行っても良いでしょうか?の質問には



予防と調整にいつでも来てくださいと、電話を置きました。

2014/01/29

腰痛、臀部痛

H町のF様、女性、35才、腰痛、臀部痛。



3年前にヘルニアの手術をしたが退院してから今まで痛みがあり、



医師に行っても炎症が有るから痛いのだと湿布と痛み止めを



出されたが効果なし、そこでいろんな整体院、整形、



整骨院に行っても痛みは消えなかったと。



高校生の時に盲腸の手術も経験。



私の所で、ギックリ腰が1回で治った知人の紹介で来院。



動作確認では、



前にも後ろにも横にも痛みで動かせず、痛みでストレスも有り、



寝返りもできず夜も痛みで眠られないと・・・



何故?ヘルニアになったのか説明をしながら施術に入り、施術の途中で



寝返りをする動作をして頂くと楽になったと不思議な顔をしてました。



手術痕の筋膜の歪み、神経鞘、骨膜の傷の調整で8割は痛みはなくなりました。



あと、何回か施術を続けると改善されると思います。



結合組織の筋膜、骨膜等の歪みは



CTでもMRIでも映りませんので病院に行っても異常なしと言われます。



手術の経験のある方で、



どこに行っても痛みが消えない方がおりましたらご相談ください。



2014/01/25

歩くと腰が痛い

14日、Na様、69才、女性、2年前より歩くと右腰痛、



足、膝が痛いと家族に連れられて来院。



あちこちの整体院、鍼灸に行ったけど改善しなかったそうです。



動作分析では、前屈、後屈、左側屈では痛みは無し、右側屈で痛みが出る。



身体全体を見ると右腸骨が上り、右肩甲骨が下がり、少し側湾状態。



問診では、帝王切開、甲状腺の手術をしたと・・・



最初に、手術痕の筋膜の異常を調整していくと



押圧で痛かった部位が楽になったところで



全身調整へ施術中、だんだん身体が軽くなりポカポカし、



呼吸も楽になったと不思議な顔をしてました。



手根骨、前腕の靭帯等の弛み、足根骨、下腿部の靭帯等の調整、



手、足、ストレスからの影響で、内臓機能低下の調整、



リンパ液、血液、神経の流れの調整、ストレスクリーニング、



体内二軸調整法で終了。



どこに行っても少しも楽にならなかったのにと・・・



またまた不思議な顔をして帰られました。



最近、手術痕の影響で来院される方が多くなりましたが、



これは、CTやMRIでも結合組織の異常は検出されませんので



病院にいっても「異常なし」と言われ、痛み止めや湿布を出され



痛み、不調は治らず苦しんでいる方は多いと思います。



この「結合組織」にアプローチ出来る当院へご相談ください。



2014/01/24

ヘルニア?狭窄症?

ここのところヘルニアの方が続いてますが・・・



三種町の男性、Tさん、53才。




右腰のヘルニア(L5)で右側の臀部から足指までのシビレと




右足の中足骨頭、種子骨部あたりに違和感が有ると来院。



動作分析では




前屈、後屈、左右側屈でもシビレは無し?




普通、右のヘルニアは右側屈でシビレが増しますが無し?




(他の原因も有りますが)後屈でも無いとは??でした。





そこで、話を聞いたら病院では、ヘルニアとも、狭窄症とも言われ




ブロック注射、腰の牽引をしたが一向に良くならないので




ネットで検索し 私の所に辿り着いたようです。





早速、




徒手確認検査法で腰椎5をチェック




ヘルニアでは反応無し、狭窄症でも反応無し、




そこで5番の横突起を回旋の異常は?と確認すると反応有り




瞬間矯正と結合組織療法でシビレは緩和されたところで、施術開始




いつも書いていますが 足指を使えない、使わない歩き方で靭帯が弛み、




足根骨の低下その連鎖が腰椎まで・・・




無論、手の手根骨~前腕からの影響も有りましたので調整。




中足骨頭の種子骨部も結合組織療法で改善されました。





帰り際に 不思議ですね?と言いながら帰られました。



戻らない為のアドバイスを守って頂きたいものです。

2014/01/24

腰痛

20日の日曜日、午前中




私のHPを見たと、Kさん、男性、46才が飛び込んできました。




地震の影響でガソリンが入れ難くなっている現状で




遠方の方々のキャンセルが有りましたので、直ぐに施術開始。




とにかく筋肉が硬くて、毎週2回マッサージに通っているとのこと




以前より腰痛持ちだと・・・



マッサージ慣れしているためか、対話・徒手確認の“差”も体感



できにくいために“激痛で検査”で進めざるを得ませんでした。




ようやく悪い箇所で飛び上がって「痛い!」と反応。



悪いところが実感できるようになったところで特に、大腿の外側と、



脛が張って、靴下も履けないとのことでしたので・・




なぜ筋肉が硬く緊張するのか?外側広筋や腸脛靱帯の緊張を



確認・納得させまた、外側側副靱帯の緩み異常を体感・納得させた上で



靱帯を施術すると、筋肉の緊張が緩むことを体感してもらいました。



その後、なぜ、外側側副靱帯が緩むのか?



なぜ、脛=下腿骨間=頸骨&腓骨がずれるのか?




という具合に、説明しながら施術を進めていきました。



とにかく、下腿骨間だけでなく、仙腸靱帯、肋間靱帯、前腕骨間等々、



体中の靱帯異常や筋膜異常があり、星状神経節や腹腔神経叢の



緊張異常また、頭蓋~脊髄の髄膜異常も検出されて・・




一つ一つ結合組織療法を主体にして進めていきました。



最後に「体内二軸調整法」を施し「どうですか?」と



「ああ!楽になりました。



靴下を履きながら



「ああ!靴下が履けるようになった・・また来ても良いですか?」




「 何度でもどうぞ!」と見送りました。

2014/01/05

右腰から右足の脹脛までの痛みとシビレ

市内の女性、64才、Iiさん





右腰から右足の脹脛までの痛みとシビレ





東京にお住まいの娘さんが私のHPを見てお母さんに勧めての来院。





病院ではへルニアと言われ、手術するまでも無いと言われたが





我慢が出来ないと・・





この方は、特に、足根骨~下腿骨間膜の靭帯の緩みが有り調整すると





痛み、シビレが取れて楽になり、身体全体が軽くなったと笑顔





どのような症状でも全身調整でOKになります。




2013/11/21

肩痛と腰痛

先ほど帰られた、市内の女性Oさん21才。



他の整体院、整骨院、等に行ったけど、



異常は無いと言われ帰って来たそうでが、



痛いのでネットで探した所 私のHPに辿り着いたようです。



何故?クライアントさんが痛みを訴えているのに異常が無いと



言い切れるのか?CT&MRIを使った訳でもないのに・・・



ハッキリ私には治せないと言った方が正直で好印象と思いますが・・・



クライアントさんを思うと、そういう勇気も時には必要と考えています。



動作分析では、



肩、腰とも、前屈、左右の側屈では痛みはなし、後屈で痛み有り。



特に肩が痛いと訴えたので、原因の一つである下腿部、足根骨を



軽く調整すると不思議な顔をして、肩痛が7割位消えたと・・・



そこで、何故?肩痛、腰痛になるのか説明し、( 壁に貼って有る



骨格筋、靭帯の説明、含 ) 歩き方、靴の履き方、手の使い方等を



実体験をして頂きました。



説明無しで、全身調整をやっても良いのですが、



何故、悪くなるのか?何故、戻るのか?を



知って頂く為のアドバイスもしております。



無論、全身調整後は笑顔で帰られました。

2013/11/20

右腰から右足の脹脛までの痛みとシビレ

市内の女性、64才、Iiさん



右腰から右足の脹脛までの痛みとシビレ 




東京にお住まいの娘さんが私のHPを見てお母さんに勧めての来院。




病院ではへルニアと言われ、手術するまでも無いと言われたが




我慢が出来ないと・・




この方は、特に、足根骨~下腿骨間膜の靭帯の緩みが有り調整すると




痛み、シビレが取れて楽になり、身体全体が軽くなったと笑顔




どのような症状でも全身調整でOKになります。


2013/11/01

腰 痛 ( 寝腰が悪い )

由利本荘市のK様、女性(37才)腰痛(寝腰が悪い)で来院。






朝、布団から起き上がる時に腰痛が出る、






寝返りの時にも痛む、起きて動き出すと楽になると・・・






問診、動診後に






何故?起き上がる時、寝返り時に腰が痛いのかを説明しながら






全身的に異常部を確認していきますと下半身に異常が多く出てきました、






勿論上半身にも有ります、雑談を交わしながら調整を進めて行き






施術途中で仰向けの状態から起きて頂くとスーッと痛みも無く






起きられたのにはK様はエッ!痛くない!と驚かれていました。






このような腰痛は骨盤周りの靭帯の異常が有り






特に前仙腸関節靭帯の緩みが有りますので






その緩みの原因を改善することで痛みが無くなります。






施術内容を文で書くと難しくなりますが、施術としては






クライアント様があれ!と思うほど簡単に終わります






そして、皆さん 痛くない!不思議?だと言われます。






当院に通院されている方達はそれが当たり前と思っています。






あなたも一度、当院に足を運んでみて下さい!






必ずそう思われるはずです。
2013/08/08

腰痛と左股関節痛

市内のI様、女性(54才)腰痛、左股関節痛で紹介で来院。



2ヶ月位前から腰痛と左股関節が痛くて整形外科で受診、



左股関節痛は筋膜と靭帯の炎症と診断され湿布と痛み止めを



出され湿布をしても一向に改善しないので知人の紹介で来院。



腰痛は上半身を50度位の前屈で痛いと・・・



左股関節痛は35度位の開脚で痛み、車の乗り降りや



椅子から立ち上がる時が特に痛いと・・・



原因を追求していくとI様の場合、



全身の筋膜や靭帯、腱などの異常は多数有りましたが



こちらの方は全身一括療法で改善。



腰痛、左股関節痛の本当の原因は



リンパ液、血流の悪さが痛みを出していましたので



液流療法で施術し再度痛みの確認をすると



I様、痛くない!不思議だぁ?と驚かれていました。



骨や筋肉ではなく、リンパ、血液の流れが悪くなると



痛みが出る典型的な腰痛、左股関節痛でした。



何故?リンパ液や血液の流れが悪くなるのかを説明



あとは、戻らない為のアドバイスをして終了。



I様、「ここに来て良かった!紹介者に感謝!」と帰られました。