FC2ブログ
2014/02/07

過敏性腸症候群(IBS)ガス型と性交痛

女性が人には言えない悩みで多いパターンです。



お隣の県の青森県のS様、女性(41才)、



7年前から過敏性腸症候群(IBS)ガス型と性交痛で来院。



この方は2回目の来院時にガスが肛門を出るのが分かるので



自分で調整できると・・・性交痛は解消されていました。



遠いのと雪道の運転が怖いので春になったらまた来ますので



よろしくお願いしますとのことでした。



S様はとにかく全身の結合組織(靭帯、腱、筋膜、骨膜など)の



異常が有り前腕と下腿に靭帯テープを貼っただけで全身がスーッと



軽くなるのが分かるとそれとストレスが半端でなかったですね



全身調整の中で特に、骨盤隔膜、尿生殖隔膜の歪みが強いので



直腸、肛門部、婦人科系に障害が出てくるのです。



何故?なったのか原因をご理解して頂きS様には予防法、



改善法をアドバイスし実行する約束をして終了。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント